アンチが増えるのは単に自分のことが嫌いか批判されることをしているから

アンチが増えるのは単に自分のことが嫌いか批判されることをしているからサムネイル

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

キリトです。

 

元いじめられっ子リキト
リキト

本記事ではアンチがなぜ増えるのかについて解説します。

 

アンチはどういう人に粘着するのか?増える理由・原因やその特徴

アンチについてTwitterでツイートしたんですが、主に2パターンあります。

 

単に自分のことが嫌いで絡んでくるしつこいアンチはうざいだけ、気にしないこと

まず、ただ単に自分のことが嫌いで粘着して突っかかってくるアンチに対しては相手にしないほうがいいでしょう。

 

大学受験の時に、「〇〇大学に行きたい」って言った時に、

  • 「今の偏差値では難しいから諦めたら」とちゃんと理由と可能性を説明してくれるタイプ
  • 「お前なんか行けるわけない」と真っ向から否定してくるタイプ

の2タイプの人がいませんでしたか?

 

後者がこの自分のことが嫌いで突っかかってくるアンチと同じです。

そういう人って単に自分のことが気に食わないだけで、自分を傷つけて優越感に浸りたくてたまりません。

 

分かりやすい例でいうと、YouTubeのコメント欄でただの悪口を書いているような人たちはこのアンチの部類に入ります。

 

こういう人は説得でもできないので、縁を切るか関わらないようにするのが得策です。

説得しても、論点をずらして建設的に話ができなくても相手を打ち負かせればいいと思っている会話ができないので、コミュニケーションになりません。

 

相手にするだけ時間の無駄になります。

 

問題なことをやっていて増えているアンチの場合は然るべき対応をすべき

問題なのは、目に余るようなことをやっていてアンチが増えていて、自分の言っていることを曲げずにそのまま突き通してしまうパターンです。

この場合は他人様を傷つけているのですから、甘んじて素直に自分のやっていることを直すべきでしょう。

 

最近はTwitterをビジネスアカウントとして使う人が増えてきましたが、その中でも悪い意味の批判をされていて、悪いところばかり悪目立ちする人ばかりです。

Twitterのフォロワーが少ない人を雑魚呼ばわりしたり、炎上を狙って故意に悪口言ったり、そういう人が目立ちます。

 

Angeloのキリトさんも仰っているように、炎上商法なんてものは論外です。

クラウドファンドで集めたお金を持ち逃げしたとか、行き過ぎた毒舌で人を煽ってファンを煽ったり、なんてものは本当に最悪です。

そういう悪い行動に対して、ちゃんと建設的なことを言った上で批判をしてくるアンチが多い場合は、自分のやっていることの何が問題かをちゃんと考えるべきでしょう。

 

なぜ自分が間違っていることをして増えているアンチがいる場合は、それを受け入れないといけないのかというのかを大学受験で考えてみます。

こういう建設的で間違っているところを直したほうが良いのに、それを受け入れずにやってしまう人って、国立大学に行きたいのに、私立大学に行くための勉強しているのと同じです。

建設的な意見を行っているのに否定してしまう人

なんてことがTwitterでは日々起こっています。

そりゃ人に害を与える人に対しては、みんな必死になって叩いたり、批判するわけです。

 

なので、このアンチは正確には、その人の間違いを見つけてくれるいい人であることに気づいたほうがいいです。

 

建設的な批判をしてくるアンチが多い人の最大の特徴は「人間性に問題がある」こと

アンチが多い人の中でも、建設的な意見を言っているアンチが多い人はやはり、人間性に問題があります。

悪いことをしているのに改善しようとしないわけですから、そりゃどんどん油に火を注ぐことにもなりますし、アンチを刺激して面倒なことになるわけです。

 

よく「アンチは即刻ブロックすればいい」とかいう人いますけど、それはその人の状況によります。

先程解説した自分のことが単に気に入らずに攻撃してくる人はそのまま「アンチは即刻ブロックすればいい」ですが、自分のやっていることに非があってアンチが増えている場合は、自分を見つめ直さないといけません。

 

後者のタイプは例えば、日本では認可が下りていない薬品が配合されたAというサプリメントがあり、それを広めて「そのサプリメント、日本では認可が下りてないので危険ですよ。」と忠告している人でさえ、アンチと見なします。

自分のやっていることは第三者に危険を与えかねない危険性があるのに、そんなことを1ミリも考えずに「アンチが全部悪い」と結論を出すのはかなりのお門違いです。

 

その人のやっていることが危険なことにつながることを教えてくれるのに、それを無視して「アンチは即刻ブロック」と勝手に勘違いしてどんどんアンチが湧きます。

 

  • 人の話を聞けない
  • 自分の非を認めない
  • 視野が狭く、自分の考えが全てだと思っている

ので、そりゃどんどんアンチが増えますし、潰しにかかってくるわけです。

 

こう考えると、仕事でなかなか成果が出せない変なプライドが高い人に似ていることでしょう。

仕事が結果が出せない人は「プライドが高い」というのが特徴の一つとしてあります。

例えば、自分がやっていることの効率が悪く、そこに対して、「こうするといい」とアドバイスしてくれた人の言葉を無視していつまでも自己流でやっているのと同じです。

 

これは本当にいいところで歯止めをかけないと、仕事を辞めさせられたりする危険性もあります。

  • 結果を出せない
  • 会社の利益をだすことに貢献するどころが障害になっている

社員は変わる雰囲気が見られない場合は必要ないのですから。

 

だから、結局建設的な批判をしてくるアンチが異様に多い人というのは、人間性に問題があるというわけです。

 

今一度アンチが多い人はその意味を考え、適正な対処をすべき

以上のことから、アンチが多い人はその意味をよく考えて、どっちのパターンのアンチが多いかをちゃんと分析して然るべき対応をすべきでしょう。

自分に非があって批判してくるアンチの言葉を無視したり、視点・視野・視座を考えて行動しないから、結果的に自分のことが気に入らないアンチを増やすことにつながるのです。

 

何でもかんでもアンチに全責任を追わせるような発言をしたりるすのは、「自分は何も悪くない」と言っていることと何も変わりません。

自分が悪いことをしているから、言われたくないことも言われるし、良い反応より悪い反応ばかりが目立つのです。

 

考えてみてください。

お金を印刷すると、「通貨偽造罪」及び「通貨及証券模造取締法」を破ることになります。

なのに、「お金を印刷しても大丈夫ですよ」と伝えて、「そんなことしたら法に触れますよ?」と教えてくれた人に「アンチだ」なんて、馬鹿のやることです。

 

建設的な考えを伝えてくるアンチの声には耳を傾けるべきでしょう。

取り返しのつかないことになる前に忠告してくれているわけですから。

 

なので、建設的な意見を言ってくるアンチを全て敵視するというのは判断力が低いことでもありますし、さらにアンチを増やすことにも繋がります。

自分にアンチが増え始めたら、よく考えてみましょう。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!