【あなたは間違ってないよ】元いじめられっ子は地元に帰らなくていい

【あなたは間違ってないよ】元いじめられっ子は地元に帰らなくていい

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

元いじめられっ子のリキトです。

 

あなたは、

元いじめられっ子だった自分も地元に帰らないと親不孝者になってしまう

と思ってませんか?

 

大丈夫です。

そんなことはありません。

 

今日は元いじめられっ子で地元の人の扱いがひどいなら帰らなくてもいいということを書いていきます。

僕は元いじめられっ子と名乗るぐらいなので、地元でのいじめが本当にひどかったです、中学・高校は特に。

 

その実体験から元いじめられっ子が地元に帰らなくていい理由を書いていきます。

 

元いじめられっ子が地元に帰ることでまたいじめられる

過去にあなたをいじめていても本当に成長した人はあなたをいじめることはありません。

しかし、いろんな人がいるので、大人になった今でもあなたのことをいじめてくる人もいます

 

そういう人がいるので、僕は地元に帰りたくないんです。

これを確信したのが、

  • 高校卒業時の中学の部活の集まり
  • 成人式
  • 社会人になってから

です。

 

地元の高校卒業した後でもいじめられた

まず、高校卒業時にはさすがに僕もひどいことはされないだろうと思って、高校卒業時に中学の部活の人たちの集まりに行きました。

しかし、現実は違いました。

 

僕はさんざんひどいことを言われました。

僕は茨城大学に受かったんですが、そのことに対してよく思われず、ただ馬鹿にされました。

 

  • 人格否定
  • 容姿をけなす

なんてことは当然でした。

 

大学2年のときに地元に帰って成人式に行ってもいじめられた

実は成人式でもいじめっ子はいじめをしてきました。

成人式って終盤になると、カラオケとかあると思うんですが、関わりたくない組部屋にぶちこまれたわけです。

 

分かりやすい言葉で言うとスクールカーストの下にいた人たち部屋みたいな感じです。

ようは仲間はずれです。

それ故に帰りに送り迎えで僕だけお金を取られるという最悪の事態になりました。

 

それをやってきたのが、高校卒業時に集まった部活の人たちです。

そのぐらい、いじめっ子たちは成人した後でもいじめをやめることはありませんでした。

 

社会人になって地元を離れてもいじめられた

嘘かもしれませんが、社会人になってもいじめっ子のいじめに悩みました。

僕は3年前、中川友里さんというファッションモデルと企画で1日デートをしたことがあります。

 

中川友里さんとディズニーシーでデート

ある企画のビンゴで友里さんと1日ディスニーシーでデートする券が当たったんです。

僕にとってディスニーシーは人生で行ったことなかったし、初めてのディズニーシーでした。

 

これが楽しかったんですが、数日後嫌がらせがありました。

僕はデートに行ったことをTwitterに上げたら、いじめっ子がそれに対して、

  • 俺らと一緒に行ったのに初めて行ったってことにしてる
  • 今の友達にいじめられたと嘘を言いふらしている
  • いじめられていると騙されている僕の友達がかわいそう

と言ってきました。

 

これも高校卒業した後に集まった時に僕に嫌がらせをしてきた人の一人でした。

 

僕は本当に友里さんと行ったディスニーシーが人生での初めてのディズニーシーだったので、親にも確認しました。

親にも事情を話して、僕をかばうことはしなくていいから正直に答えてとも言いました。

 

当然ですが、本当に行ったことがなかったので、親も僕が幼い頃にディズニーシーに連れて行った覚えはないと言うわけです。

親子の遠足でディスニーシーに行くものがあったんですが、その時たまたま僕は行かなかったんです。

 

後日、このいじめっ子の勘違いだったことが判明したんですが、僕にとっては初めてのディズニーシーに行ったという嘘をついたという濡れ衣を着せられたわけです。

それだけでなく、そのツイートを見た他のいじめっ子がそれに便乗して、いろいろ言ってくるわけです。

 

そのことについて謝罪はありましたが、僕にとっては大切な思い出を汚されました。

 

本当のいじめっ子は自分を認めない

本当のいじめっ子は自分たちがいじめをしていることを認めません

ディズニーシーの件で僕に濡れ衣を着せたいじめっ子がDMで謝罪してきた時に、どうして俺らがお前に嫌われないといけない的なことを行ってきたので、僕は理由を一ミリも余すこと無く伝えました。

 

返ってきた言葉は

ガキだから判断できない上に、人が嫌だと言う気持ちが理解できなかった

でした。

聞いて呆れました。

 

本当のいじめっ子はどこまで言っても自分たちが相手を傷つけていることを認めません。

地元の本当に反省しないいじめっ子が多い場合は地元には帰らないほうが良いです。

 

地元に帰ると過去にいじめられていたことばかり気にかかってネガティブになる

いじめられっ子にとっていじめられたという事実は一生心に残ります。

そのことが原因で地元に帰っても過去にいじめられたということからいろいろ気にかかるわけです。

 

  • お店とかでばったり会った時に何か嫌なこと言われないかな?
  • あのお店でいじめっ子が働いたりしてそうだから行きたくないな
  • 近所に住んでいるいじめっ子だった人と会いたくないな

いじめられっ子だった人にとって地元にいることって想像以上に苦痛です。

 

それがかなりのトラウマ級になると、アニメやドラマであるように気が狂うんです。

だから、僕は地元に帰らないことを決めました。

 

本当にあなたのことを大切に思っている親は地元に帰ってこなくてもいいと言ってくれる

去年辺りまで毎年元旦や大晦日などは地元に帰るようにしていたんですが、今年から帰らないことに決めました。

親にも事情はちゃんと話しました。

 

帰るたびに僕はいじめっ子とばったり会って嫌なこと言われるのが怖くて毎回ネガティブになっていました。

せっかく都内に引っ越して良い思いしているのに地元に帰ってネガティブになるのも毎回嫌です。

 

都合がいいように見えるかもしれませんが、本当にあなたを大切に思っている親はあなたの安心を優先するします。

親と人間関係切りたいわけではないんで、葬式などの大事な集まりのときにはちゃんと顔を出すことは約束をしました。

親はそれでもいいよと言ってくれました。

 

やりたくないと思ったことはやらなくてもいいんです。

地元に毎年帰ることが親孝行であるというわけではありません。

 

いじめられっ子は地元に帰りたくなかったらそれでもいい

いじめられっ子にとって地元に帰ることが苦痛という人がいますが、本当に苦痛過ぎる人には苦痛なんです。

地元の成人式や同窓会に参加したくない理由の一番の理由が「力の大小関係」なんです。

 

簡単に言うと、学校が楽しかった組と楽しくなかった組の関係が地元のそういう会に行きたくない理由になっています。

これがいじめられっ子だったら尚更です。

 

いじめられっ子にとってはトラウマ並みに心に傷が残るぐらいなんです。

その傷は一生消えません。

 

中川翔子さん、今はあんなふうに楽しそうにしてますが、それでもテレビでのいじめの特集のときには出たりします。

いじめの特集に出て自分の経験話してますよね?

 

そのぐらい楽しい人生を送りつつもいじめられたことはその人のトラウマになります。

いじめられたことはちょっとやそっとのことで思い出さなくなるものでもないですし、簡単に克服できることではありません。

 

いじめられたことに悩んでいてそれを解決するための方法の一つに「地元に帰らない」というものは全然アリです。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!