【ちょっと待った!】大学を辞めるのを悩むのなら理由を考えてみよう

【ちょっと待った!】大学を辞めるのを悩むのなら理由を考えてみよう

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

リキトです。

 

元いじめられっ子リキト
リキト

本記事では大学を辞めるかどうか迷ったときにどうすればいいのかを考えていこうかを解説します。

 

僕は茨城大学という国立大学を卒業しており、今現在はフリーランスとして働いています。

今僕がフリーランスになって成長した自分と当時の自分を照らし合わせながら、大学を辞めようかと思ったらどうするかを一緒に考えていきましょう。

 

自分も大学を辞めるべきかどうか悩むことがあった

実は僕も、大学を辞めようか迷ったことがあります。

大学4年生の7月後半あたりのときです。

 

ちょうどそのとき僕が大学で2番目ぐらいに辛かった時期でした。

  • 当時別のメンターの元でビジネスを学んでいたのもあり、アメブロでブログを書いていて、それが研究室の先生にバレて研究室のメンツの一部からいじめに遭う
  • 学内の保健センターの先生に「適応障害」と診断される
  • 良くしてもらってた人が自殺してしまう
  • 唯一仲が良かった友人が休学してしまい、引っ越してしまう

などいろんなことが重なってしまったんです。

 

しかし、親や当時お世話になっていたメンターの人と話をした結果、卒業まで何とか耐えようということで卒業まですることになりました。

 

大学を辞めることなく卒業して就職するまで耐えた理由

僕が大学を辞めることなく、卒業して就職しようと思った理由は主に、

  • 地元に帰りたくなかった
  • 辞めたらバイトをするしか手段がなく、しかも、苦手な飲食店や接客業の仕事しかなくもっと苦しくなると思った

ことの2つです。

 

大学を辞めて地元に帰りたくなかった

まず、僕は中学でいじめに遭っており、成人式に出た時もいじめっ子にカツアゲされそうになったり、成人式の帰りの車でお金を巻き上げられたこともありました。

なので、大学を辞めて地元に帰って地元で就職したときのことがすぐ浮かんだのです。

 

何らかの形で噂になってしまったときに、またいじめられると思いました。

地元だと外食したり、買い物をするためにお店に行くと、ばったり会ってしまうこともあることが不安でした。

 

事実、社会人になってからもしつこい人がいて、地元の人たちに嘘を広められたこともあります。

そういういざこざがあって地元に帰りたくなかったのです。

【あなたは間違ってないよ】元いじめられっ子は地元に帰らなくていい

2018.10.13

 

大学を辞める選択をしてフリーター・バイトで暮らしていけるほど余裕がなかった

あとは、大学を辞めて生活基盤が整えられるほどの余裕はありませんでした。

当時、僕の大学生だった時に住んでいたところのほとんどのお店のバイトの時給は大体700〜800円が相場でした。

 

単純に休みなく毎日8時間働いたとしても、168000〜192000円にしかなりません。

当然毎日働くことはできないので、これより低くなります。

 

  • 大学生の時にバイトで一生社会人は嫌だと思っていた
  • 奨学金も借りていた
  • 大学を辞めたら年金も払わないといけない

ということもあったので、当時の何もできない自分が今大学を辞めたら本当にもっと苦しくなることが浮かびました。

 

ですので、辛かったですがなんとか大学を卒業しました。

この経験を元に大学を辞める選択をしたほうがいいのかを考察してみます。

 

大学を辞める選択をしたほうがいい場合

大学を辞めたほうがいい場合を考えてみると主に、

  • 自分で何らかの事業やビジネスをしていて、生活していけるだけの余裕がある
  • 大学を辞めてもアテがある
  • 家庭の事情がある

場合です。

これを一つずつ解説していきます。

 

大学を辞めても自分でビジネス何らかの仕事をしている場合

大学を辞めても自分で起業したり、ブロガーやエンジニアなど何らかの仕事をしていて暮らしていけるだけの余裕があれば辞めても良いかもしれません。

 

あなたは迫くんという方を知ってますか?

迫くんはもともと学生でした。

 

それもかなり優秀の学生です。

学校の成績はトップレベルでありながら、自分でプログラミングの事業を興すなど起業家レベルのステータスでした。

 

そんな迫くんは2018年8月に大学を辞めて、フリーランスになりました。

大学生とは思えないレベルです。

 

このように、すでに自分で何らかのビジネスに取り組んでおり、収入に困らないのであれば大学を辞めることで自分のやりたいことができるのであれば辞めても問題ないでしょう。

事実、迫くんは大学を辞める時に教授と面談をして、「辞めても大丈夫」と言われています。

 

大学を辞める選択をしたその後にアテがある場合

大学を辞めた後にアテがある場合も辞めてもいいかもしれません。

 

大学生はいろんな人と会うこともあります。

僕は大学生だったとき服が好きだったので、行きつけのお店がありました。

 

そのお店の店員の中で、仲良くなった人がいました。

その店員さん、別の大学の学生だったんですけど、店長に今後もうちで働いてほしいとスカウトされていたんです。

 

その店員さんもそのお店が大好きだったので、なんとか親を説得して今でもそのお店で働いています。

 

他には、もう一人、同じ大学でサークルに入っていた時に知り合った先輩がいました。

その方は大学4年で休学中だったんですが、結果的に大学を辞めて、大学の近くにカフェを作っていました。

 

大学を辞めてもアテがあるなら、大学はやめる選択はアリです。

 

家庭の事情で親が大変なら大学を辞める選択はアリ

大学を辞める際に親に迷惑をかけないのであれば、辞めてみてもいいでしょう。

 

大学生だと、親からお金を支援してもらっている人が大半です。

それに大学生になると一人暮らしすることもあるので、家庭に問題が起こると学費が払えなくなってしまうこともあります。

 

その場合は何とか就職する会社を見つけるためにハローワークに行くなりなんなりして、アクションを起こすこともいいでしょう。

 

大学を辞めることを留まったほうが良い場合

大学にいることを留まったほうがいい場合は

大学を卒業しないとできない仕事をしようと考えている

場合です。

大卒じゃないとできない仕事をしようとしている方は辞めるのは留まったほうがいいでしょう。

 

大卒じゃないとできない仕事(大学院を卒業しないとできない可能性もある)は主に

  • 教師
  • 医者
  • 弁護士

とかです。

 

簡単に大卒の資格と同時に必要な資格を取らないといけないからです。

どうしても大学を出ないとできない仕事をしたいのであれば、続けたほうがいいでしょう。

 

大卒以上じゃないと入社させてもらえない会社もそうですね。

そういった会社に生きたいのであれば、大学は続けたほうがいいでしょう。

 

大学を辞めるかどうかは自分の状況を把握して決断すること

結果的に大学を辞めるかどうかは自分の状況を見て判断しましょう。

それに尽きます。

 

辞めたほうが良いと思ったら、辞めて次のことを考えればいいですし、辞めて状況がまずくなるなら、まだ残ってどうすればいいのかを考えればいいだけです。

どんなであれ、最終的に判断しないといけないのは自分なんです。

 

一時の感情で決めてしまうというのが一番良くないです。

せめてよく考えて決めましょう。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!