【DJあおいの名言】いい男とクズの恋愛の違いがよく分かる10ヶ条

【DJあおいの名言】いい男とクズの恋愛の違いがよく分かる10ヶ条タイトル

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

リキトです。

 

元いじめられっ子リキト
リキト

本記事ではいい男とクズの恋愛の違いがよく分かるDJあおいさんの記事を紹介します。

DJあおいから学ぶ遊びの男の見極め方

下手くそな男といい男の違い

下手くそな男といい男の夜の運動会の違いが書かれています。

 

その一部を紹介すると、

  • 惚れた女性に刺激を求め人は下手くそで、惚れた女性に安心を与える人が上手
  • 自分が気持ちよくなりたいのが下手くそで、女性に心地いいと感じさせる人が上手

です。

 

当然ですが、夜の運動会は独りよがりで自分のことしか考えていないと、相手は傷つきます。

お互いに相手のことを考えられることが理想です。

 

男はテクニックを身につければ、相手を喜ばせると思いがちですが、それは大きな間違いです。

 

自分が求めていないものを無理に押し付けるのと同じです。

相手がしてもらっても嬉しくなかったら、相手を傷つけることになります。

 

モテる男はだいたいクズ


男性は沢山の女性と付き合い、夜の運動会を沢山することがモテると思いがちです。

しかし、女性が言うモテるとは不特定多数の女性をその気にさせることではなく、本命の相手を振り向かせられることです。

 

だから、「モテること=男のステータス」と思っている時点で「モテる」の意味を分かっていないんで、大人からしたらそれははるかに「ダサい」んです

本当にいい男は『モテる』ということをちゃんと理解しています。

 

どれだけ恋愛経験を積もうとも本気で惚れた相手なら男はいつも□□のようなものであり、女はいつも▲▲のようなものである

よく男性は自分以外の誰かがどれだけの女性と夜の運動会をしてきたのかが気になります。

 

だから、飲み会や日常会話で、

  • 今まで付き合ってきた女性の数
  • 過去の夜の運動会の話

で話を盛り上げようとします。

 

大切なのは量ではなく、一人の人とどれだけ長続きさせるかです。

 

これは仕事と似ています。

過去に付き合った人の人数が多く、かつ、期間が短い場合だと、仕事でいう悪い転職をした数に匹敵します

 

悪い転職とは、スキルアップのためでなく、主に自分に責任があるのに他人や環境のせいにして転職のことを指します。

 

なので、新しいと付き合うたびにその人との恋愛は初めからになります。

違った価値観がもちろんありますし、性癖も違うわけです。

 

いつまでも、初心は忘れないようにしましょう。

『若いうちは遊んでおけ』と言う人で幸せそうな人は見たことがないです

よく「若い内に遊んでおけ」という人がいいますが、大体この言葉の意味には、「女遊びをしておけ」という意味が含まれていることがあります。

 

この言葉は裏を返せば

  • 「私は女遊び方以外の自分を満たす遊び方を知りません」
  • 「歳を取ると遊ぶことができなくなります」

と言っているようなものです。

 

よく若い内に遊んでおいたほうが後で浮気しなくなるとか言いますが、浮気はしない人はしないし、する人はします

だから、一概に若い内に遊んでないからといって、浮気・不倫をするとは限りません。

決めつけるのはよくありません。

 

一流の大人は様々な遊びを知っています。

文化、ワイン、美術、音楽、運動。。。

 

遊び方なんてごまんとあります。

本当に幸せな人はいつでも、遊べることを知っています。

 

捨てればゴミ、捧げれば宝。▲と□はゴミにも宝にもなり得る

「初めては捨てるもの」という発言をやそれに似た発言をする人は、レベルが低いです。

『夜の運動会をしたから大人になれる・成長できる』とは断言できません。

 

大人は過去ではなく、未来に向き合います。

なので、目の前にいる相手がまだしたことがないということを知った時に、「ダサい」とか「早く捨てろよ」とか上から目線で相手を見下す発言をする人はまだ子供なんです

 

初めて夜の運動会をして「男になる、女になる」と言っている人も同レベルです。

 

個人的な話になりますが、「夜の運動会をしたことがない人はかっこ悪い」って価値観を謳ったり、それを煽るようなことを言っている人を僕はTwitterで何人も見かけますが、そういう人は見たくないのでブロックしています。

 

それが、例え有名なブロガーやインフルエンサーだとしてもです。

 

「夜の運動会をすることが人生で一番重要となことだ」いう夜の運動会至上主義の幻想に惑わされているレベルの低い人からではなく、しっかり相手と向き合うことができ、相手を尊重できる人から学べばいいだけですから。

お子様から学ぶことなんて何もありません。

 

ちなみに、僕は恋愛に関することは、

という方から学ばせてもらっています。

 

以下の記事でこの5人の方についてまとめています。

【幸せになれる!】恋愛がうまくいくコツと考え方を教えてくれる5人

2019.10.11

 

愛する人との夜の運動会が最も気持ちいい理由

ここには、夜の運動会の極意が書かれています。

僕が言えることはありません。

リンクをクリックして見て確かめて下さい。

 

付き合う前の夜の運動会はありかなしか

「付き合う前に夜の運動会をして身体の相性を確かめるべき」と語る人がいますが、これは賛否両論あります。

注意しないといけないのは、付き合ってから相性が悪いと思い始めたときです。

 

これはしみけんさんもおっしゃっていますが、相性は改善可能です

 

なので、大人のカップル・夫婦は諦めるのではなく、「どうすればうまくいくのか?」を考えるようにします。

大人は絶対的要素がないもの以外、できないことはないという価値観なのでこんなことは言いません

 

もちろん、付き合う前の夜の運動会はなしではないとは言い切れませんが、上級者向けです。

仲良くなる⇛恋愛関係になる⇛付き合う⇛夜の運動会」という恋愛の定石において、「仲良くなる」と「夜の運動会」の間の過程を省略するわけですから。

 

自信がなければ、付き合う前の夜の運動会はやらないほうが身のためです。

 

付き合う前に身体の相性を確認したいと言う男は身体目当てっすよ

基本的に人は大切な人や好きな相手は不安にさせたり、傷つけさせたくないと思うのが正常です。

夜の運動会をした後に相手が不安になる時点で、もう相手を傷つけているんです。

 

先程も書きましたが、いい男性はは惚れた女性しかその気にさせません。

そうです、「付き合う前に一線を超えてしまった」って女性に思わせる時点でもうその男性はいい男性じゃありません

 

男性からいい男性と謳われていたとしても、女性から見たらいい男ではありません。

 

遊び目的の男はだいたい彼女とうまくいっていない設定

遊び目的の男は当然ですが、夜の運動会がしたいだけなので、夜の運動会ができる女を狙っています。

それは夜の運動会に持ち込める女性はいい感じに優しくすれば扱いすれば、簡単に夜の運動会ができると思っているからです。

 

「他の女性より、私の方が上」と比較しがち女性がこの罠に陥りやすいですね。

いい女性はこれを見切る能力があり、そもそも遊び目的の男を引き寄せない品格があります

 

恋愛においての経験とは

恋愛における経験は「どれだけ一人の人と長続きさせることができたのか」です。

しかし、世の中では恋愛における経験は「どれだけ沢山の人と夜の運動会をしてきたのか」だと謡われています。

男性がよく間違う価値観です。

 

どうでもいい人とした夜の運動会の経験は自分の価値観を落とします

これは男性・女性共通です。

 

夜の運動会を共にした異性の数をさらっと言う人は、自分から「私は恋愛を長続きさせることができません」と言ってるようなものです。

飲み会で話す話題がなくなったときに、過去に女性関係でやらかした醜態を話す馬鹿も同じです。

そんな全然成長する見込みがないことを自己申請する人をあなたはパートナーにしたいですか?

 

だから、間違った恋愛経験は何の魅力にもなりません。

そこを履き違えないようにしましょう。

 

本当に「モテる」男になり彼女を作りたければ、DJあおいに聞いてみよう

以上が、DJあおいさんのいい男とクズの違いがよく分かる記事10選です。

本当にモテる男になりたければ、まずDJあおいさんに相談しましょう。

 

上記の10記事を読めば、そこら辺のクズより本当に女性を幸せにできる男性に近づくことができます。

後悔したくないなら、あなたが本当に大切にしたい価値観を大切にすることです。

 

あなたがこの人の価値観を信じてみたいと思える人のアドバイスを聞くようにしましょう。

 

DJあおいの名言集はこちら

DJあおいさんは恋愛において様々な名言があります。

以下の記事でまとめています。

【必ず幸せになれる!】人生が180度変わるDJあおいの名言まとめ

2019.11.17

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!