【テンプレート付き】やりたいことリスト100の作り方とその効果

【テンプレート付き】やりたいことリスト100の作り方とその効果

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

元いじめられっ子のリキトです。

 

今日はやりたいことリスト100を作って感じた効果について書いてみます。

また、僕の実際のやりたいことリスト100も紹介するので、「こんな風に作るのか」って思ってもらえたら幸いです。

 

なお、やりたいことリスト100を書くにあたって、参考にさせていただいたブロガーさんとその記事の紹介です。

 

やりたいことリスト100を作ったほうがいい理由

やりたいことリスト100を作ったほうがいい理由は、自分の人生の目標にもなるからです。

自分のやりたいこと、なりたい自分、など、ありのまま書いてみることが大切です。

 

よく自分がどうやって生きていけばいいか分からない、何がしたいか分からないなんて言っている人は、やりたいことリスト100を作ってみるといいでしょう。

そのやりたいことリスト100に書いてあることが、あなたの人生でやりたいこと・なりたい自分です。

 

最初は100個出てこなくても大丈夫です。

僕も最初は20個もでてきませんでした。

 

生きていれば、やりたいことやなりたい自分が見えてきて、増えていくので、今は書けなくても大丈夫です。

少しずつ増やしていけばいいんです。

 

やりたいことリスト100はカテゴリー分けする

やりたいことリスト100を作るにあたって、カテゴリー分けすると作りやすいです。

 

例えば、

  • とにかく100個を書く
  • 20個書くのを5回やる

どっちが楽でしょうか?

 

筋トレを想像してください。

  • 100回 × 1セット
  • 20回 × 5セット

筋トレやったことのない人からしたら、20回 × 5セットのほうが楽です。

 

これは体験した人にしか分からないかも知れませんが、いきなり100回をやったら、結構辛くて続かないんです。

 

夢リストも同じです。

書いている途中で手が止まって、なかなか出てこないとやりたいことリストを作るのことさえ辛くなります。

 

だから、カテゴリー別に分けて書くことが大切です。

 

やりたいことリスト100は固定観念も捨てる

また、やりたいことリスト100を作る際には、固定観念も捨ててください。

これもカテゴリーで分ける際に、

 

  • 「これはさすがにできそうにないな。。。」
  • 「こんなの無理だよ。。。」

と思うことが沢山でてきます。

 

その思いはやりたいことリスト100を作るにあたって、やりたいことリスト100が書けなくなる一番の原因です

自分に制限をかけずにありのままに書いてください。

 

でも、さすがに、どう考えても無理なものは駄目です。

例えば、

  • 鳥になりたい
  • ポケモンの世界に行きたい
  • 国を支配したい
  • タイムスリップしたい

とか、明らかに人間の能力的に実現不可能なことはやめましょう。

 

以上のことに注意して作ってみましょう。

 

僕のやりたいことリスト100(テンプレート)

参考までに僕が実際に作ったやりたいことリスト100を紹介します。

これをテンプレートにして作ってみてください。

 

僕はカテゴリを

  • ライフスタイル
  • 仕事
  • 趣味・楽しみ
  • なりたい自分

の4つに分けて作ってみました。

 

ライフスタイル

  1. 週4日休みのストレスフリーなライフスタイルを実現する
  2. 渋谷に住む
  3. 親に毎月20万円の仕送りをする
  4. 好きな服を好きなだけ買えるようにする
  5. 朝は好きなときに起きる
  6. お昼と夜は定食屋で食べられるようになる(2018年11月20日達成)
  7. 毎朝起きるのが楽しくなる
  8. 急なお金の出費に困らない
  9. お金に困らない
  10. 家賃30万円の家に住む
  11. 別荘を持つ
  12. 子供と毎日遊ぶ
  13. 「うちの3姉妹」に出てくるような子供に囲まれた生活
  14. ゲーム実況をする生活
  15. 財布を気にせずタクシーが使える
  16. 月に1回は好きなアーティストのライブに行く
  17. 月額がかかるもの(オンラインサロンやamazonプライムなど)を登録して、今後一切解約しない
  18. 月に一度は映画を見る
  19. ビッグイベント(ニコニコ超会議や好きなゲームの1年に一度だけ開かれるイベント)に毎年行く
  20. 時間に追われない
  21. 関わりたい人・好きな人とだけお酒を飲む
  22. お金でものを決めるでのはなく、自分が欲しいものを買える
  23. 財布の中には常に5万円を入れておく
  24. 好きな髪型・服装をする
  25. コンタクトを1dayにする(2018年9月22日達成)

 

仕事

  1. 20代の内に月収50万円を突破する(2018年9月30日達成)
  2. フリーランスプログラマーとして月収60万円を突破する
  3. 大手メディアに取材してもらう
  4. 自分のオフィスを持つ
  5. 満員電車を卒業
  6. ブロガーとして成功する
  7. 年収1000万円超える
  8. 年収1000万円超えたときに株式会社CArpe Diemとして登記する
  9. 相手のことを第一に考え、富を与える本当の億万長者になる
  10. 在宅でプログラミングの仕事をやる
  11. カフェで仕事する
  12. ランサーズやクラウドワークスで仕事を受注して、副業で5万円稼ぐ
  13. デザインがうまい人にSNSで使用するアイコンやTwitterのアイコンの受注をお願いする
  14. どこかの大学で学生にフリーランスを勧める講演をする
  15. 30代になる前に奨学金を全部返済する

 

趣味・楽しみ

  1. NIGHTMAREの咲人さんと対談して、「真・異端児のすゝめ」という本を出版する
  2. 咲人さんのシグネイチャーモデルのギター、Sho-Ryu-Kenを買う
  3. ノーベル賞の授賞式を仲間たちと見に行く
  4. ブロガーフェスに出る
  5. フランスに行って凱旋門を見る
  6. NIGHTMAREのライブに行く
  7. the GazettEのライブに行く
  8. JAKIGAN MEISTERのライブに行く
  9. vistlipの7月7日限定ライブに行く(2018年7月7日達成)
  10. 赤西仁のライブに行く
  11. NIGHTMAREのCDとDVDをコンプリートする
  12. vistlipのCDとDVDをコンプリートする
  13. 自分の子供と一緒にポケモンをやる
  14. シドのライブに行く
  15. お気に入りのブランドのサプリメントに毎月14万円使う
  16. ブロガー仲間を作る(2018年11月10日達成)
  17. DJあおいさんに会いに行く
  18. 歌い手のYouTuberになる
  19. カバーアルバムを出す
  20. 英語の歌を意訳して歌えるような歌い手になる
  21. ラップができるようになる
  22. ボイトレに通う
  23. 自伝を出版する
  24. お互いが自立し、恋愛がお互いのやりたいことの原動力になるパートナーを見つけ、結婚する
  25. 宮本延春先生とトークショーをする
  26. ESPで世界に一つしかない自分のギターを作る
  27. ヴィジュアル系のイメージを変える
  28. 韓国語ができるようになる
  29. カラオケでBIGBANGの歌は全部韓国語で歌えるようになる
  30. 英語がペラペラになる
  31. ランボルギーニに乗る
  32. 1ヶ月に一週間は旅行をする
  33. 日本全国の地を踏む
  34. 毎月10万円の貯金をする
  35. 子供をナショナルスクールに通わせる

 

なりたい自分

  1. DJあおいさんが認める「ひとりの男」になる
  2. 『Rikipedia』を読んだ人が自分の人生をいい方向に導き、自分らしく生きられるキッカケになる
  3. 咲人さんみたいな雑誌でヌードになってもいいぐらい魅力的な身体になる
  4. オーラの出る人になる
  5. 超個性的なブロガーになる
  6. 恋愛は過去じゃないことを証明する
  7. お金に縛られない
  8. 心の余裕を持つ
  9. 女性が求めるような誠実で純粋な男になる
  10. G-DRAGONのような遊びの天才のような人になる
  11. 赤西仁のようなクールな貫禄を身につける
  12. ソニックのような人生を遊び尽くすような生き方をしている
  13. 越前リョーマのような天才肌になる
  14. 実力が本物の人と言われる
  15. ちょっとやそっとのことで落ち込まなくなる
  16. 論理的で冷静沈着なコミュニケーションを身につける
  17. 会社の飲み会で上司に叩きのめされる人を減らせる人になる
  18. 言葉に力がある人になる
  19. 落ち込んでいる人を救える人になる
  20. より知的で博識な人になる
  21. 論理的な話ができる人になる
  22. 異名をつけてもらう
  23. どんなになっても自分の意思を曲げない
  24. 「Carpe Diem」という言葉が似合う男になる
  25. 本質をついた発言ができるようになり、真髄を見抜ける人になる

 

これが僕のやりたいことリスト100です。

このように、カテゴリに分ければ、分けないよりは100個は出やすいんです。

 

達成したことについては、達成した日にちをつけていきます。

こんな感じであなたもやりたいことリスト100を書いてみましょう。

 

やりたいことリスト100を作って感じた効果

僕が実際にやりたいことリスト100を作ってみて感じた効果は、

  • 自分の目標がハッキリした
  • やりたいことを達成すると自信になり、もっと頑張りたいという気持ちになる

といったところです。

 

僕自身ももともとは自分の目標が分からなかったんですが、やりたいことリスト100を作ったことにより、ハッキリしました。

また、少しづつですが、一つやりたいことを達成する度にすごく自信がつきますし、もっと達成したいという気持ちがでてきました。

 

定期的に見直すことで、ブレることも少なくなり、目標を決めることに集中できます。

 

やりたいことリスト100を作るのにオススメのアプリ

やりたいことリストを作るのに、オススメのアプリを紹介します。

「Lioli」というアプリです。

 

App Storeで「Lioli」と検索すれば出てきます。

Lioliあなたがやりたいことリストダウンロード

 

Lioliの評価とレビューでは4.2なので、使いやすい人が多いです。

Lioliのレビューを見る

 

Lioliをダウンロードして起動してみるとこんな感じになっています。

Lioliダウンロードしてみた

やりたいことリストを100個作ることを目的に作られたアプリのように、一覧を作るところや達成・未達成も分かる機能もついています。

やりたいことリスト100個を作るにはもってこいのアプリです。

 

やりたいことを追加するには、右上の「+」ボタンをタップします。

やりたいことリストを追加する

 

「+」ボタンを押すと、リスト作成画面に移動します。

 

場所は入れても入れなくても大丈夫です。

入力項目を入力すると、やりたいことリストがこのように追加されます。

期限も入れられるので、やりたいことリストを作るには最適です。

やりたいことの詳細

 

とにかく操作しやすいです。

 

これで、あなたもやりたいことリスト100を作ってみましょう。

さっきも書きましたが、最初は100出なくてもいいです。

やることが大切です。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)