大島薫さんの名言が沢山詰まった著書を読んでみた感想・レビュー

大島薫さんの名言が沢山詰まった著書を読んでみた感想・レビューサムネイル

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

キリトです。

 

キリト
キリト

本記事は大島薫さんの著書「モテたいと思っている男性ってなんであんなに気持ち悪いんだろう〜本当にうまい女性のほめ方〜」という書籍を読んでみてのレビューです。

 

 

書籍はこちらから購入できます。

 

「モテたいと思っている男ってなんであんなに気持ち悪いんだろう〜本当にうまい女性のほめ方〜」レビュー内容

男の下ネタはうざい・気持ち悪いと思われる内容のものが多い

男性はよくネタで下ネタを言うことがありますが、中には女性にとっては聞かされることが苦痛のものがあることを忘れてはいけません。

行き過ぎた下ネタは本当に女性からするとドン引きであり、殺意しか湧かないのです。

男の汚い下ネタはうざいし、気持ち悪いし、引くし、笑えないので嫌いです

男の汚い下ネタはうざいし、気持ち悪いし、引くし、笑えないので嫌いです

2019年6月22日

 

自分たちが問題ないと思っても、相手が不快に感じたのなら、不快以外の何物でもありません。

行き過ぎた下ネタを言う人は、下ネタが苦手な男性からも嫌われます。

僕も相手の気持ちを考えない下ネタは本当に嫌いです。

男性が受けやすい気持ち悪い・つらいレベルのセクハラ言動やその特徴・問題サムネイル

男性が受けやすい気持ち悪い・つらいレベルのセクハラ言動やその特徴・問題

2019年10月27日

男は浮気するとか、女好きとか、結婚後に不倫すると言うのはド偏見

「男は浮気する生き物」「男は結婚後不倫する」などの言葉を軽い気持ちで言ってしまうのは、失礼にも程があります。

こんなことを言う人に聞きたいのは、この世界の全男性がそうすると断言できる証拠でもあるのかと問い詰めたいところです。

 

こう発現している人が見て・接してきた男性たちがそうであったかもしれないだけで、そういったことをしない男性もちゃんといます。

セクシュアリティの内容に触れれば、アロマンティック(人を好きになることがない)、アセクシャル(人に対して性的欲求が湧かない)というセクシュアリティの方もいるので、一概にこの世にいる全ての男性が不摂生なことをするとは限りません。

世の中に知られるようになってきたセクシュアリティの分類・種類とその意味サムネイル

世の中に知られるようになってきたセクシュアリティの分類・種類とその意味

2019年12月23日

本当に偏見は良くないですね。

男性が受けやすい気持ち悪い・つらいレベルのセクハラ言動やその特徴・問題サムネイル

男性が受けやすい気持ち悪い・つらいレベルのセクハラ言動やその特徴・問題

2019年10月27日

男性向けモテテクニック特集を100%信じてはいけない

ここ最近男性向けモテるための特集なるものが増えています。

これらの特集の中には確かに効き目があるものもあるにはありますが、逆に本当にやめたほうが良いものもあるのです。

 

一昔前、壁ドンという行為が流行り、されてみたいという女性がいました。

それをされると嬉しいと思う女性がいた反面、それをされると恐怖を感じる女性もかなりいたのです。

あとは、「このタイミングでボディタッチをしてこんな反応が返ってきたら脈アリ」などということが書かれているモテテク特集みたいなものもありますが、それを信じ切ってしまうのは危険です。

 

モテテク特集に書かれていることはセクハラになることもありますし、痴漢などにつながることもあるので、ほどほどにして女性と接しましょう。

 

これらの話は、最近性教育の話で話題になっている性的同意に関係していきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

、 [性的同意とは?] 、 性的同意についてまとめました。 、 思い込みは捨てて、相手と接することを心掛けましょう。 、 #rikipedia #instagramで性教育 #性的同意 #性的同意を広める活動 #性教育 #性教育講座 #性教育を学ぶ #性教育始めました #性教育からできること #性教育の必要性 #性教育は必要 #性教育イコールエロではない #性教育大事 #性教育の話 #性教育は生教育 #性暴力を許さない #性暴力反対 #性暴力ゼロ #性暴力根絶 #性暴力のない社会 #性暴力をなくそう #性暴力を根絶する #性暴力防止 #思い込みを捨てる #思い込みを手放す #思い込みって怖い

キリト/(@rikipedia_rkt)がシェアした投稿 –

女性にとって自尊心を傷つけられるセックスがあることを忘れないように

女性は好きでもない人とセックスをすることで、自尊心を下げられることがあることを忘れてはいけません。

 

DJあおいさんが好きでブログを毎日見るのですが、彼氏・彼女の関係にない人とセックスをして悩んでいる女性が沢山います。

そのぐらい親密な関係にない人とのセックスは女性たちの自尊心を下げ、狂わせるのです。

恋愛・結婚の悩みはDJあおいに相談すれば間違いなく解決できる!タイトル

DJあおいとは?恋愛・結婚の悩みを相談すれば間違いなく解決できる

2019年8月17日

 

なので、マッチングアプリでこういう女性はヤれる(セックスできる)ということを謳うメディアや人の言葉は信用しないほうが良いでしょう。

それで、性病に感染したり、望まない妊娠をしてしまったり一大事になることもありえるのです。

 

そういった、女性が変な人に引っかからないようにヤリモク男の特徴点などを解説してくれる形かも増えています。

 

もちろん、女性の中でもセックスパートナーがいる方がいるので、全ての女性に当てはまるわけではありません。

何なら、裏垢女子という不特定多数の人とセックスを楽しんでいる女性たちもいるくらいですから。

女性の容姿は傷つけないように言うことが重要

  • モテるために痩せたほうがいい
  • ネイルが凝っていると、男性に引かれる
  • 胸が大きいと男が寄ってくるでしょ?
  • 男性を振り向かせるためにデートでは化粧したほうが良い

こんなことを軽い気持ちで言うのは本当にやめたほうがいいです。

 

外見について無責任なことを言われると、女性は傷つきます。

 

特に、痴漢やナンパの被害に会ったことを相談された時に、

  • モテる証拠だよ
  • 羨ましい
  • それだけ魅力があるからだよ

といった類の言葉を発するのはセカンドレイプになるので、以ての外です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

、 [セカンドレイプって知ってますか] 、 セカンドレイプについてまとめました。 、 自分の思わぬ一言がセカンドレイプにつながることは大いにありえます。 、 セカンドレイプをしないために、相手と「対話」することを心がけましょう。 、 #rikipedia #instagramで性教育 #セカンドレイプ #性教育 #性教育からできること #性教育は必要 #性教育イコールエロではない #性教育大事 #性教育は生教育 #性教育は予防接種 #性暴力 #性暴力を許さない #性暴力をなくそうプロジェクト #性暴力反対 #性暴力ゼロ #性暴力根絶 #性暴力のない社会 #性暴力をなくそう #性暴力を考える

キリト/(@rikipedia_rkt)がシェアした投稿 –

 

以上が、大島薫さんの書籍「モテたいと思っている男性ってなんであんなに気持ち悪いんだろう〜本当にうまい女性のほめ方〜」を読んでみての感想・レビューです。

他にもすごくいいことが沢山書かれていたので、男性にはとてもオススメな一冊です。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!