【紗倉まなから学んだ】自分を変える方法やきっかけは何でもいい

【紗倉まなから学んだ】自分を変える方法やきっかけは何でもいいタイトル

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

元いじめられっ子のリキトです。

 

元いじめられっ子リキト
リキト

今日は紗倉まなさんから学んだ自分を変える方法は何でもいい理由について書きます。

 

紗倉まなさんってどんな人?

その前に紗倉まなさんがどういう人なのか分からない人にためにも簡単に説明します。

  • 1993年3月23日生まれ
  • ○○女優
  • 工業高校出身
  • タレント
  • 歌手
  • 小説家

です。(紗倉まなさんのwikipediaより)

 

〇〇女優をやりながら、歌手として活動したり、執筆をしたりと多彩な実力の持ち主でもあります。

 

高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職

 

 

YouTubeでも個人のチャンネルを解説したり、女性のウェブメディアで女性向けの相談コーナーもやたり活動の幅を広げいています。

 

 

そして、Voicyでもチャンネルを持っています。

紗倉まなさんのVoicyチャンネルはこちらをクリック。

 

紗倉まなさんの一番すごいところは、自身の処女作の小説「最低。」が映画化もされ、東京国際映画祭で最高峰部門のコンペティション部門にノミネートされ、日本代表作品の一つに選ばれるなど破天荒な才能も持ち合わせています。

 

 

 

紗倉まなさんの自分を変えるためのきっかけ

まず、紗倉まなさんの自分を変えるきっかけとなったできことを書いていきます。

 

紗倉まなさんが〇〇女優に進もうと決めたのは、14歳のときです。

たまたま父親の部屋で見つけたビデオを見て、女性の身体の美しさに惹かれ、そのビデオに出演している女優さんが紗倉まなさんにとっては素晴らしいと思えたことがきっかけです。

紗倉まなさんはある日、父親の部屋に入り、一つのビデオを見つけた そのビデオを見て、感動した

父親の隠していた〇〇ビデオを見たことにより、女優になりたいと強く思うようになりました。

 

高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職 」で〇〇女優を自分の天職と書くぐらいなので、まなさんにとって〇〇女優は自分が本当に魅力的になれる職業だったんでしょう。

高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職

 

この出来事がまなさんの人生を変えるきっかけになったのです。

 

自分を変えるためにアダルトに前向きでチャンスと捉えた

紗倉まなさんは自分を変えるためにアダルトの世界に前向きであり、これはチャンスだと考えていました。

紗倉まなさんは決心した 紗倉まなさんは目的を叶えるためにとにかく行動した

〇〇女優になりたいと思うようになってからも、学校の先生に何になりたいかときかれても、「A@女優」と答えたんです。

〇〇女優になる最低条件として18歳以上でないといけないので、18歳になってすぐ、今所属している事務所に応募しました。

 

歳が変わってすぐ応募するほど、熱意が本物だったってことです。

僕とあなたと同じように、紗倉まなさんはもともと自分が好きではなく、自信もなかったそうです。

 

だからこそ、自分が本気でやりたいと思ったことで自分自身と向き合い、自分を磨いていきたいと思ったそうです。

こういう思いが紗倉まなさんにはありました。

 

成功のために自分を変える方法は何でもいい

紗倉まなさんの〇〇女優になったストーリーから学んだのは、成功のために自分を変える方法は何でもいいということです。

 

紗倉まなさんが〇〇女優という生き方を知り、自分を変えるキッカケを見つけたこのストーリーは僕も似たような経験をしています。

僕もメンターとの出会いによって、自分を変えるキッカケを見つけました。

 

ただ、チャンスや手段が違うだけです。

紗倉まなさんはA@女優として自分を変える方法を実践しており、僕はメンターに出会い、ブログで自分を変える方法を実践しています。

思いもよらないところにキッカケやチャンスってあるんです。

 

ピンチをチャンスに変えて勝つ! [ 矢矧 晴一郎 ]

 

アダルトな話は場を盛り上げる下ネタじゃない限り、普段話すことってタブー視されがちです。

夜の運動会の話が友達にさえも気軽に話せないように。

 

それと同時にアダルティックな世界は見方によっては白い目で見られがちです。

しかし、紗倉まなさんは〇〇女優を知ったことで、この上ない衝撃を受け、自分を変える方法を見つけたんです。

 

今ではトップレベルの〇〇女優になり、 〇〇女優として生き抜く女性の人生を描いた小説、「最低」まで出して、その本が日本を代表する小説にまでなるという偉業を成し遂げています。

 

最低。 (角川文庫) [ 紗倉 まな ]

 

父親の隠していた夜の運動会のビデオを見つけるというたった一つの行動がこんなにも紗倉まなさんを一流に変えたんです。

 

結局、キッカケは何だっていいということです。

自分が満足して幸福を得られているなら迷うことはないってことを紗倉まなさんは教えてくれました。

 

自分を変えるには環境と人間関係と時間を変えよう

自分を変えるには環境と人間関係と時間を変えましょう。

 

紗倉まなさんと僕とで例として説明します。

紗倉まなさんと僕の自分を変えたフロー

あくまで、まなさんと僕の例です。

どちらも、

  • 時間の使い方
  • 人付き合い

を変えてるので、環境を変えています。

 

一人ひとり自分を変えるきっかけは違います。

 

その人は何か別の才能があるかもしれません。

紗倉まなさんが〇〇女優になって自分を変え、僕はフリーランスになって自分を変えたように。

 

だから、自分は自分だということです。

周りに合わせて自分を比較して落ち込む必要はありません。

あなたにしかない才能が必ずあります。

 

  • 中学から大学までいじめられていた
  • 友達や仲間と言える人がいなかった
  • 社会でやっていける自信がなかった
  • コミュニケーションが苦手だった
  • 人間不信だった
  • すぐ周りと比較していた
  • 自分が嫌いだった

こんなデメリットばかりだった僕でもメンターと出会ったことだけで、プログラミングとブログという才能を見つけ、自分がやっていきたいことも見つけられたんです。

 

あなたには何か没頭できることがありますか?

それがないのなら見つけてみてはどうでしょうか?

 

そこにあなた自身を変えるヒントが眠っています。

「好きなことで、生きていく」ってそういうことです。

 

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)