僕がプログラミング未経験からたった1年でフリーランスプログラマーになった方法

たった1年でもフリーランスになった方法

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

パーソナリティクリエイターのRIKITOです。

 

今日は僕がどうやって1年でフリーランスになったかの経緯を書いていきます。

 

基本的にフリーランスのプログラマになるためには、最低の2年の現場経験が求められることが多いです。

ところが、今は2年経験しなくても1年、最短で半年でフリーランスになることができちゃうんです。

 

エージェントサイトを見れば分かります。

では、具体的にどうやってプログラミング未経験からフリーランスになったかを書いていきます。

 

フリーランスになるための現場経験を積むために未経験者を募集している会社に入ったのに、プログラミングを全く学べなかった

僕はフリーランスのプログラマーになるまでに、IT企業2社を経験しています。

1社目は普通にHTML/CSS、jQueryを使ってwebページを作っていました。

 

なので、1社目では普通にフロントメインの知識は身に付きました。

1社目の会社では仕事で使っていた言語に使う予定がなかったので、もっと別の言語を触ってみたいと思い、転職を決めます。

ここまでは問題ないです。

 

しかし、2社目の会社がまあ最悪なところでした。

なぜなら、プログラミングが全然できなかったからです。

 

その会社の実態を簡単に説明すると、

  • プログラマー募集と書いてあって入社したのに、プログラマーの仕事が全然できない
  • プログラマーの仕事がないためにプログラミングが出来ない人でもできるcsvの解析を淡々とプログラムを作ってやらされ
  • GitやWinSCPの設定も全部上司がやってしまい、自分で設定するという経験ができなかった
  • HTML/CSS、jQueryを触ったのは会社を退職する3ヶ月前

といったプログラミングの会社とは到底言えないようなものです。

だから、フリーランスになる前の現場経験は実質1年しかないと言っても過言ではありません

 

フリーランスプログラマーを目指すために入ったあなたの会社は大丈夫ですか?

プログラミング初心者が今すぐ転職すべきIT企業の特徴3」に、すぐ転職したほうがいいIT企業の特徴書いているので、思い当たる節がある方は見てみて下さい。

プログラミング初心者が今すぐ転職すべきIT企業の特徴3つ

 

そもそも僕が2回目に入ったこの会社にプログラミングの部署がありませんでした

プログラミングの部署がないから、別の会社にプログラミング関係の仕事を依頼して、それで、IT企業と名乗っていたんです。

 

それだけじゃなく、職場の人間関係も最悪でした。

強制的に参加しないといけない飲み会があり、飲み会になると、みんなの前で散々罵られ、大嫌いな恋愛の話とかもふられて、ストレスが半端なかったです。

今思えば、見事に会社の策略にはめられました。

 

そんな中、プログラミング未経験からたった半年でフリーランスのプログラマーになるためのプログラミングスクールを運営している会社の社長を紹介してもらう

会社に入社して、大体4ヶ月ぐらいで、「これ、本当に僕はフリーランスとして独立できるのかな?」という疑問がでてきました。

 

  • プログラミングと言えるようなプログラミングをやらず、フリーランスの案件になさそうな仕事ばかり繰り返す
  • プログラマーじゃなくてもできるcsvの解析をあえてプログラミングを書いて解析する

そんな作業を淡々と繰り返す日を過ごし、終いには仕事が全く無く、何もせずに一日が終わってしまうこともありました。

 

そんな中、入社から半年後、僕がブログを書くキッカケになったメンターからとあるエージェントを紹介してもらいました。

プログラミング未経験から半年でフリーランスになれるスキルをつけさせ、半年後にフリーランスプログラマーとして独立させる事業を始めるとのことだったので、参加してみたらどうか?と提案されました

 

僕はすぐ参加したいと思い、すぐ面談を組んでもらい、面談に受かり、そのプロジェクトに参加することにしました。

たった1年でも、1年の経験があれば採用してもらえる案件をメインで探してもらえるので、安心して受講できたのは心強かったです。

参加してからは平日はスキルがほとんど身につかない現場で仕事をこなし、日曜日はオフィスに行き、基本的なHTML/CSS、JavaScript、jQuery、PHPを勉強していきました。

1年目の会社を辞めて半年もプログラミングを現場でできず、ブランクがあったので、会社を辞める3ヶ月前だったので、学んだことを取り戻すにはちょうど良かったです。

 

プログラミング未経験から1年でフリーランスになれると思って会社に退職したいと申し出たら、即刻クビにされる

順調にカリキュラムも終え、2月に入った頃、企業に面談をするとなったときに事件がおきました。

会社を辞めることを伝えた翌営業日に次期社長に呼び出され、今すぐ辞めろと伝えられます。

 

何も知らなかった僕は言うとおりに辞めました。

ここで、会社を辞める前に知っておきたいことを知っていれば、僕も少しはフリーランスになる前、余裕持って面談に行けたかもしれなかったです。

会社を退職するときに損しないために知っておきたい4つのこと

 

予定通りに会社を辞められなかったので、なかなか案件の面談に行けなかった

会社をいきなりクビにされたので、案件に参画するための面談にこぎつけるのが大変でした。

2月の中旬で仕事がなくなってしまい、フリーランスになるまでの収入が入らないので、早急に1ヶ月だけのバイトをなんとか見つけてつなぎで仕事をすることになります。

 

なんとかしのぎのバイトが見つかったのは良かったんですが、肝心の面談になかなかいけないというトラブルが起こりました。

 

もともとは、余裕を持って2月の中旬で退職届を出し、3月末で辞めてフリーランスになる予定だったんです。

しかし、何も知らずに、会社に言われるがまま、退職届も2月末で書いてしまい、最後の最後でやらかしました。

 

法律上、社員は会社をいつ辞めるかを自分で決められます。

社会人として未熟だから何も知らないとナメられたのでしょう。

 

計画が最後の最後でクビを告げられるという想定外なできごとが起こってしまい、予定を狂わされ、バイトの終わる時間と場所の関係で、面談に行ける時間が限られてしまい、受けられる面談も多くはありませんでした。

あなたもフリーランスになる手前、僕のように最後の最後ので、想定外のことが起こるかもしれないので、「会社を退職するときに損しないために知っておきたい4つのこと」を読んで、ちゃんと準備をしてフリーランスライフをスタートしましょう。

 

プログラミング未経験からたった1年でフリーランスになったヒストリーまとめ

これまで書いたことをまとめると、

  1. 1社目でHTML/CSS、JavaScript、jQueryを経験するが、他の言語も触ってみたいので、1年で退職
  2. 2社目の会社は全然プログラミングが経験できず、どうするか悩む
  3. メンターからプログラミング未経験からたった半年でフリーランスになるためのスクールを紹介してもらい、半年間スクールに通う
  4. フリーランスになる手前で会社をクビにされ、ままならない状況でなんとかフリーランスになる

といった流れになっています。

 

これは僕がフリーランスになった例なので、一つの答えに過ぎません。

たまたま運がよく1年でフリーランスになれました。

早い人は僕が通ってた人は本当に未経験から半年とも言わず、たった4ヶ月でフリーランスになった強者もいます。

 

実際にフリーランスになってみて、プログラマー・エンジニアって一番フリーランスになりやすい職種だと断言します。

自分のスキル次第で収入がどんどん上がっていきます、案件も沢山あるので仕事には困りにくいのかなってイメージです。

 

あなたがもしフリーランスを本気で目指しているのであれば、プログラマー・エンジニアは本当にオススメです。

スーパーマリオメーカーから学ぶプログラマーに向いている人の性格4つ」を読んで、自分がプログラマー向いていると思ったら、挑戦してみる価値はあります。

スーパーマリオメーカーから学ぶプログラマーに向いている人の性格4つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)