【カントー地方(前編)】英語の勉強に役立つポケモンを解説

【カントー地方(前編)】英語の勉強に役立つポケモンを解説

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

元いじめられっ子のリキトです。

 

今日はカントー地方のポケモンで名前に英語が使われているポケモンを紹介し、どのように英語が使われているのかを紹介&解説します。

今回はNo.1〜No.75のポケモンまでです。

 

中には予想も含まれているものもあります。

 

カントー地方の英語が勉強できるポケモン1

リザード

lizard(とかげ)

リザードをそのまま。

リザードはとかげポケモン、ヒトカゲの進化系。

 

リザードン

lizard
don(目上の者に対して使う敬称)

リザード + ド = リザードン

リザードンはヒトカゲの最終進化系であることとヒトカゲ、リザードの先輩であることに例えてリザードン。

 

カメール

mail(甲羅)

カメ + メール = カメール

カメールはかめポケモン。

 

カメックス

max(最大値)

カメ + マックス = カメックス

カメックスはゼニガメの最終進化系。

maxは「上限に達する」といったニュアンスがあり、それとゼニガメの最終進化系であることをかけて、カメックス。

 

キャタピー

caterpillar(イモムシ)

キャタピーはいもむしポケモン。

キャタの「ラ」を取って、キャタピー

 

トランセル

transformation(変身)
cell(細胞)

トランスフォーメーション + セル = トランセル

トランセルはバタフリーの進化前のポケモン。

進化の過程は、キャタピー→トランセル→バタフリー。

 

キャタピーがバタフリーになるときにトランセルになり、体内の細胞が変わってバタフリーに変身する。

 

バタフリー

butterfly(蝶)

蝶の英語である、バタフライの「ライ」を「リー」と読んで、バタフリー。

 

ビードル

bee(はち)
needle(針)

ビー + ニードル = ビードル

ビードルはどくばちポケモン、スピアーの進化前の状態。

はちはしっぽに針を持っていることが由来。

 

コクーン

cocoon(蚕{かいこ}などの{繭}まゆ)

コクーンをそのまま。

ビードルはスピアーになるために繭の状態で変態してスピアーになる。

 

スピアー

spear(槍{やり})
apis(ミツバチ科)

アピスを逆から読むとスピアになるから、スピアー。

スピアーはどくばちポケモンであり、スピアーの腕は槍のようになっている。

 

ピジョン

pigeon(はと)

ピジョンをそのまま。

 

ピジョット

pigeon
jet(噴射、射出)

ピジョン + ジェット = ピジョット

ピジョットはポッポの最終進化系。

最終進化系ということで、ポッポ、ピジョンよりも噴射機のように素早い飛行能力があるということをかけてピジョット。

 

アーボ

boa(南北アメリカに生息している大型の蛇)

ボアを反対から読んでアーボ。

 

アーボック

boa
cobra(インドに生息する毒蛇)

コブラを反対から読んでアーボック。

 

オニドリル

drill(ドリル)

鬼(おに) + ドリル = オニドリル。

オニドリルのくちばしはドリルを見立てられている。

 

サンド

sand(砂)

サンドをそのまま。

 

サンドパン

sand
pangolin(せんざんこう)

サンド + パンゴリン = サンドパン

せんざんこうはアリクイに似ている動物。

 

ニドクイン

needle(はり)
queen(女王)

ル + クイ = ニドクイン

ニドクインはニドラン♀の最終進化系。

最終進化系と女性の中で一番偉い女王をかけて、ニドクイン。

 

ニドキング

needle(はり)
king(王)

ル + キング = ニドキング

ニドキングはニドラン♂の最終進化系。

最終進化系と男性の中で一番偉い王をかけて、ニドキング。

 

ピクシー

pixie(妖精)

ピクシーをそのまま。

 

ズバット

bat(コウモリ)

「ズバズバ」はものが裂けるときにアニメや漫画で使われる擬音語。

ズバズバという擬音語。

それにこうもりの英語であるバットを合わせてズバット。

 

ゴルバット

bat
ghoul(死肉を食べる怪物)

死んでいる生き物でさえも食べてしまうグールのようなこうもりという意味であること、グールを「ゴル」と読んで、ゴルバット

 

ラフレシア

Rafflesia(ラフレシア)

ラフレシアはかなりの異臭を放つ花のこと。

東南アジア、マレー半島に咲いている。

 

パラス

parasite(寄生虫)
parasol(かさ)

パラスはきのこポケモン。

きのこは寄生すること、パラスはむしポケモンなので「寄生+虫」で寄生虫が合っていること、きのこが傘に見えること、パラソルのソルを早く言うと「ス」に聞こえることからパラス。

 

パラセクト

parasite
insect(虫)

パラサイト + インセクト = パラセクト

 

コンパン

compound eye(複眼)

コンパドアイ → コンパン

コンパンはむしポケモン。

虫の中には複眼の虫がいることから。

 

モルフォン

morpho(モルフォ蝶)
monster(怪物)

モルフォ + モスター = モルフォン

 

ディグダ

dig(掘る)
dug(digの過去形)

ディグ + グ = ディグダ

ディグダはもぐらポケモン。

もぐらは土を掘ることから。

 

ダグドリオ

dug
drill
torio(イタリア語で三人組という意味)

ダグ +ドリル + トリ  = ダグドリオ

ダグドリオはディグダの進化系。

三匹のもぐら、ディグダの進化系で穴を掘る力がドリルのように強力になっていることに例えてダグドリオ。

 

ペルシアン

persian(ペルシャ人)

ペルシアンはシャムネコポケモン。

ペルシャ猫という実在する猫に例え、ペルシャンをローマ字読みに寄せてペルシアン。

 

コダック

duck(あひる)

コダックはあひるポケモン。

ゴルダックの進化前であること子供であることをかけてコダック。

 

ゴルダック

duck
goal(目標、最終地点)

ゴルダックはコダックの最終進化系。

コダックの最終進化系であることとゴールをかけ、ゴルダック。

 

マンキー

monkey(さる)

モンキーのマに変えて、マンキー。

 

ガーディ

guard(守る)
day(日)

ガード + ディ = ガーディ。

ガーディは味方と敵を見分けることに優れているので、警察官のポケモントレーナーがよく連れている。

警察官は毎日街の安全を守らないといけなくて、そのためのポケモンということからガーディ。

 

ウィンディ

windy(風が強い)

ウィンディをそのまま。

ウィンディはガーディの進化系。

風のように素早い走るをすることから。

 

ケーシィ

Edgar Cayce(エドガー・ケイシー)

エドガー・ケイシーは実在した予言者。

 

ユンゲラー

Uri Geller(ユリゲラー)

ユリ・ゲラーは実在した超能力者。

 

フーディン

Harry Houdini(ハリー・フーディーニ)

ハリー・フーディーニは実在した奇術師。

 

カントーの英語が勉強できるポケモンまとめ

以上がカントー地方の英語が勉強できるポケモンです。

  1. リザード
  2. リザードン
  3. カメール
  4. カメックス
  5. キャタピー
  6. トランセル
  7. バタフリー
  8. ビードル
  9. コクーン
  10. スピアー
  11. ピジョン
  12. ピジョット
  13. アーボ
  14. アーボック
  15. オニドリル
  16. サンド
  17. サンドパン
  18. ニドクイン
  19. ニドキング
  20. ピクシー
  21. ズバット
  22. ゴルバット
  23. ラフレシア
  24. パラス
  25. パラセクト
  26. コンパン
  27. モルフォン
  28. ディグダ
  29. ダグドリオ
  30. ペルシアン
  31. コダック
  32. ゴルダック
  33. マンキー
  34. ガーディ
  35. ウィンディ
  36. ケーシィ
  37. ユンゲラー
  38. フーディン

今回はカントー地方のNo.1〜No.75までの名前に英語が使われているポケモンを紹介してみました。

 

英語は単語を知っているだけで文の意味を理解しやすいです。

次回もお楽しみに。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!