人間関係と恋愛を充実させるためにポケモンから学んだこと3つ

人間関係と恋愛を充実させるためにポケモンから学んだこと3つタイトル

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

リキトです。

 

元いじめられっ子リキト
リキト

今日は僕がポケモンから学ばせてもらった人間関係と恋愛について書いていきます。

 

仲間を大切にすること

ポケモンをやる上で仲間を大切にすることを学ぶことができました。

それも、通信交換しないと進化しないポケモンがいるからです。

 

ポケモンには通信交換することで進化するポケモンが何十匹もいます。

確かにゲーム機とカセットが2台あれば進化させることができますが、僕がポケモンにハマっていたときは子供だったので、本体とソフトがそれぞれ1台しかありませんでした。

 

だから、ゲンガーやフーディンが欲しい場合は友達に頼んで通信交換してもらってました。

ゲンガーフーディン

他には僕がまだ知らなかったことを、友達が知っていると教えてくれるので、ストーリーを進めるのに助かったりもしました。

 

仲間がいないとできないこともあります

 

恋愛は人が変わればその人との恋愛は「はじめから」であること

実はポケモンで恋愛も学ぶことができました。

  • 世代ごとにゲーム機本体の種類が変わること
  • ポケモンそれぞれ皆違うこと
  • 世代ごとのBGM、グラフィックの好みが分かれること

からです。

 

この件については、「ぼくは『経験人数なしの人が問題ではない』ことを証明しようと思う」でも書いたので、そちらも参考にしてみてください。

ぼくは『経験人数なしの人が問題ではない』ことを証明しようと思う

2018.09.15

 

世代ごとにゲーム機本体が変わるということは違う人と関わるということと同じ

ニンテンドーは何年かおきに、新しいゲーム機を発売しています。

持ち運べるゲーム機をいくつか見てみましょう。

 

ゲームボーイがあったり、

ゲームボーイゲームボーイ

ゲームボーイアドバンスがあったり、

ゲームボーイアドバンスゲームボーイアドバンス

DSがあります。

各シリーズで遊べるソフトは異なります。

  • ゲームボーイ→初代〜第2世代(クリスタルバージョンを除く)
  • ゲームボーイカラー→初代〜第2世代
  • ゲームボーイアドバンス→初代〜第3世代
  • ニンテンドーDS→第3世代〜第5世代
  • ニンテンドー3DS→第4世代→第7世代

のようにゲーム機本体と遊べるソフトが異なります。

 

今はインターネットも進化したので、初代〜第2世代のポケモンがダウンロードコンテンツで遊べるようにはなりましたが、ここではこの件については割愛します。

 

違う世代のゲームを遊ぶには、ゲーム機本体を揃えないといけないこともあります。

これは恋愛も同じで、違う相手と付き合うことになったらその人との恋愛関係を構築するために自分自身を変えないといけないこともあるんです。

 

ポケモン一匹一匹が個性があるように人にも個性がある

ポケモンには個性があります。

  • ステータス
  • おぼえるわざ
  • タイプ
  • とくせい
  • せいかく

 

これは人も同じです。

  • ステータス(その人がこれまで生きて経験してきたことで構築される)
  • おぼえるわざ(その人ができる仕事でのスキル、コミュニケーション能力etc)
  • タイプ(その人の生き方)
  • とくせい(その人だけができること、その人にしかない魅力)
  • せいかく(その人の性格)

一人ひとり違います。

 

だから、恋愛関係になると、その人との恋愛ははじめからになるんです。

ゲームソフトを開封して電源をつけたときから、ゲームクリアまでのように。

 

世代ごとのBGM、ビジュアルの好みは人によって異なる

世代ごとにBGMもビジュアルも異なります。

初代のトレーナーとのポケモンバトルのBGMが1番好きという人もいれば、第2世代のライバルとのポケモンバトルのBGMが好きという人もいます。

ポケットモンスターサウンドトラックポケットモンスターサウンドトラック

ビジュアルもそうです。

初期のミュウツーのグラフィックが好きという人もいれば、今のグラフィックが好きという人もいます。

 

○初期のミュウツー

ミュウツー

○今のミュウツー

ミュウツー

これは人も同じで、

  • 好きな音楽
  • 好きなファッション
  • 好きな食べ物

みんな違います。

 

だから、この世に同じ人なんて一人もいないし、みんなひとりひとりにあって恋愛のかたちがあります。

 

結婚はしなくても幸せになれること

ポケモンをプレイして、実は結婚はしなくても幸せになれるということも学びました。

  • ぜんこくずかん完成に必要ないポケモンがいること
  • 四天王さえ倒すことができればいいと思っているポケモンプレイヤーがいること

から学びました。

 

ぜんこくずかん完成に必要ないポケモンがいなくても楽しんでいる人はいっぱいいた

ぜんこくずかん完成に必要ないポケモンって、通常プレイではゲットできないポケモンのことです。

 

例えば、

○ミュウ

ミュウミュウ

○セレビィ

セレビィ

 

○デオキシス

デオキシス

 

○ジラーチ

ジラーチ

○マナフィ

マナフィ

○シェイミ

シェイミ

○ダークライ

ダークライ

あたりです。

 

これらのポケモンは捕まえなくてもゲームのシステム上、ぜんこくずかん完成と見なされるんです。

 

当然ですが、ポケモンをプレイしても映画まで見て欲しいとも思わないプレイヤーもいました。

これらのポケモンがゲットできなくても充分満たされていたからです。

 

結婚もこれに似ていて、結婚しなくても幸せになることはできます。

そもそも一人身で幸せな人は周りを見れば沢山見つかります。

 

結婚はwifiの契約プランのように軽い感じで考えておくことと重く考えなくなるのでオススメです。

二人が必要だと思ったら結婚すればいいだけです。

 

これは恋愛マスターのくじらさんがおっしゃっていたことで、こちらでもまとめています。

恋愛マスターくじらによる女性がよく悩む13個の恋愛の悩みの解決法

2019.05.23

 

ポケモンから学んだ人間関係と恋愛まとめ

以上が、僕が人間関係と恋愛を充実させるためにポケモンから学ばせてもらったことです。

  1. 仲間を大切にすること
  2. 恋愛は人が変わればその人との恋愛は「はじめから」であること
  3. 結婚はしなくても幸せになれること

です。

 

他、ポケモンから学んだことについては、以下の記事でまとめています。

○人生

【ポケモンから学んだこと】自分を成長させ人生を楽しむ6つの考え方

2019.06.16

 

○仕事

【ポケモンから学んだこと】仕事で結果を出すたった6つのポイント

2019.06.16

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!