お金がなくて収入を上げたい20代にはフリーランスプログラマーが最適な理由3つ

パソコンで仕事をする様子

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

パーソナリティクリエイターのRIKITOです。

 

今日は、お金がない人こそフリーのプログラマーになったほうがいいということについて書いていきます。

僕の経験も踏まえて書いていきます。

 

僕は何度かお金がなくて本当につらい思いをしましたし、フリーのプログラマーになる前にも、会社を首クビにされて、非常に貧しい生活を送ったこともあります。

しかし、フリーのプログラマーになって、お金の悩みが解決されただけでなく、他にもいいことづくしでした。

 

今フリーランスとして行きているからこそ、あなたがフリーのプログラマーを目指したほうがいい理由を書いていきます。

 

一番フリーランスになりやすい

世の中にはプログラマー以外の仕事でフリーランスになる方法は沢山あります。

その中でも僕は一番フリーランスとしてやりやすい職業がプログラマーだと思っています。

 

僕がプログラマーが一番フリーランスになりやすい職業だと謳う理由は、

  1. 未経験でも1~2年程度経験を積めば、フリーランスとして活躍できる
  2. 案件が沢山ある

この2つです。

 

未経験でも1~2年程度でフリーランスになれる

まず、1から説明します。

プログラマーとして独立する場合、最低1~2年現場経験を積めば、フリーランスとして仕事をすることができます

 

前は最低2年の現場経験を経ていることが条件だったんですが、最近の案件の必須スキルを見ると、

「JavaScriptの経験半年以上」

とか、

「PHPの経験1年以上」

という条件で募集がかかっている案件が増えてきています。

 

たった1年現場でしっかり実力をつければ月収が上がるというのは、正社員が嫌で、収入をもっと上げたいあなたにとっては最高の条件でしょう

 

案件が沢山ある

そして、次に2を説明します。

これは、

  • レバテックやミッドワークスなどのプログラマー向けのエージェント企業が増えてきていること
  • ランサーズやクラウドワークスでもプログラマーの案件の募集があること
  • ネットの広告でフリーランスのプログラマーになったほうがいいことを促すものが増えてきていること

からも簡単に分かると思います。

 

人材派遣会社が沢山あるように、プログラマーのエージェント会社も沢山あります

 

最近だと、自分でエージェント会社を起業する若い方も増えています。

僕は運良く、メンターにプログラマーを派遣するエージェントの社長を紹介してもらい、フリーランスになることができました。

おかげで、たった1年でフリーランスになることができました。

 

このように、フリーランスとして仕事をするための仕事なら沢山あるので、チャンスは十分にあります

 

お金のことで悩むことが減る

これは人によって差がありますが、やりたいことがたくさんある人は、毎月の手取りの給料が少ないとやりたいことができず、毎月我慢をしなきゃいけない生活をすることになります。

プログラマーならこの悩みも簡単に解決できます。

 

フリーランスプログラマーとして、仕事をすることになると、一気に給料が上がります

僕の例を話すと、社員だったとき、毎月の収入が手取りで20万円切っていて、ギリギリの生活をしていました。

 

そんな中で抱えていた悩みは

  • 好きな歌手のライブにもいけない
  • 好きなブランドのサプリメントも飲めない
  • 美容室にもいけない
  • コンタクトも買えない
  • 歯医者にも行くのにも悩む
  • 仲間内にあげるプレゼント代を出すのも少し辛かった
  • 自分が欲しい服が買えない
  • 自分が行きたかったイベントに急な出費が入ってしまって諦めざるを得なかった
  • 朝ごはんもろくに食べれない
  • アウトドア系のイベントに行けない
  • お金がないことで人に嘘をつかないといけない
  • お金がないことで仲間内から地味に傷つけられる

など、とにかくお金がかかるようなことで頭を悩ませていました。

 

一番辛かったのは、僕の夢であるYouTubeでカバーをするために必要な機材を揃えるお金が用意できなかったことです。

このように、お金がないだけで夢を簡単に諦めなきゃいけないこともありました。

 

そんなこんなで、フリーランスプログラマーになったら、毎月の収入が6万円も上がりました。

まだまだ完全にお金の悩みが解決できたわけではありませんが、少しずつお金のことで悩むことが減ってきました

 

また、プログラマーは実績を積むことで、より月収の高い案件に着手することができます。

「どんな仕事もそうなんじゃないの?」なんて声が聞こえてきそうですが、フリーランスプログラマーは収入の上がり度具合が「本当にこんなにもらっていいの?!」って思うぐらい半端ないです

 

僕の仲間内に、会社員時代は月収25万円で手取り19万円弱でしたが、フリーランスになった途端、月収が60万円になった先輩がいます。

普通の会社だと、倍以上も月収が上がるなんて、サハラ砂漠の中の一個の石を見つけるぐらい至難の技です。

 

それぐらい難しいこともフリーランスプログラマーになると、できるようになります。

僕も実績を積めば、月収50万超え、70万超えの案件にも着手できる見込みもあるので、どんどんお金の悩みも解決できるのかなとすごく未来に希望を持つことが出来ました。

 

結果的に毎日がイキイキして楽しくなる

これは、前に話した、2つの理由があってこそ言えることです。

1~2年の修行期間を経て、フリーランスになれば月収がみるみる上がっていく目処がつくわけですから、そりゃ本当にお金のない自分を買えたいと強く思っている人にとってはやる気になるわけです

 

お金がないことに悩まされるラットレースから抜けられる出口が見つかったら、健全な人ならそりゃやりたいこと、叶えたいこと沢山出て、いきいきしてくるのは当たり前です。

お金がないことに悩んでいる人って、一番悩んでいることがお金のことだからです。

 

僕自身がそうでした。

  • 「お金がないせいで貯金が全然できない」
  • 「お金がないせいで自分の悩みが解決できない」
  • 「お金がないせいでなかなか前に進めない」
  • 「お金がないせいでやりたいことができない」

そんなことばかり考えていました。

 

しかし、フリーランスプログラマーになったおかげで、その悩みも解決できる見込みができたんです。

フリーランスになる前の、前に進んでいる気がしなくて、もやもやしていたときよりも、自分がどうなっていきたかっていうのが明確になってきました。

 

毎日朝ごはんもちゃんとしたものが食べれるようになったし、自分が好きなブランドのサプリメントも前以上に摂れるようになったので、毎日すこぶる調子がいいです。

 

フリーランスになって感じたメリット」っていう記事でも、フリーランスになってよかったことをまとめているので、読んでみてください。

フリーランスになって感じたメリット5選

 

以上が、僕がお金がない自分を変えたいなら、フリーランスプログラマーになることがオススメする理由です。

賛否両論は否定しません。

 

ただ、変な投資に引っかかって多額の借金を背負ってもっとお金に困ってしまう生活になってしまったりするようりかは安定的に収入をあげられる方法です。

初期投資と言ってもパソコンを買うお金だけあればいいんですから。

 

お金に困っているのであれば、フリーランスプログラマーになることをオススメします。

 


ライフハックランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)