【たったこれだけ】IT関係のブラック企業の3つの簡単な見分け方

【たったこれだけ】IT関係のブラック企業の3つの簡単な見分け方

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

元いじめられっ子のリキトです。

 

今日は今すぐ辞めたいIT企業の特徴について書いていきます。

 

プログラミング初心者のあなたが、これからフリーランスプログラマーを目指すにあたって、絶対に知っておくべきIT企業の特徴について書いていきます。

最悪の現場からフリーランスに転身した僕の経験も踏まえて書いていきます。

 

フリーランスとして働くには実績が必要です。

そのため、未経験からエンジニアの実績を積んでいく人は、社員として会社に入社して実績を積むのが定石です。

 

しかし、実際に入って働いてみて、ちゃんとした現場で実績を詰めるような会社でないことも少なくありません。

そんな会社の特徴を紹介します。

 

そもそもプログラミングが仕事で全然できない

  • そもそも仕事でプログラミングが全然できない
  • 入社してドットインストールやprogateなどの学習サイトで学ばさせられる

ところは一ヶ月様子を見ましょう。

 

入社してしばらくしても「プログラミングの経験を積んだ」と自身持って言えるような経験ができない可能性が高いです。

 

実を言うと、僕がその会社でHTML/CSS、jQueryをちゃんと触ったのは、会社を辞める3ヶ月前でした。

それまでは、普通の企業と変わらない仕事をしていました。

 

プログラミングが学べると思って入ったので、見事にミスマッチしてしまったんです。

そのため、自学習で力をつける羽目になりました。

 

僕がいたIT企業の特徴

まず、僕がフリーランスになる前にいた会社は、入社して学習サイトで学ぶところから始まりました。

それからしばらくしても、プログラミングを触れるような雰囲気もなく、やったことといえば、当時改修していたサイトのリニューアルで HTML/CSSをいじったこと1つぐらいしかありません。

 

その作業が終わって後も、しばらくはプログラミングを知らない素人でもできるcsvデータの解析をやらされ続けました。

自分にできる仕事がないからということで、手作業でできるcsvデータの解析をプログラマーとして力をつけるために、PHPという言語でプログラムを作る作業ばかりでした。

 

「え、プログラミング学んでるじゃん!」なんて、思うかもしれませんが、「フリーランスとして実績を積めているか」という本質に至っては、ほとんど役に立っていません。

そもそもcsvのデータ解析なんて、Excelで解決できるし、フリーランスの案件としてcsvのデータ解析なんて皆無に等しいからです。

 

このように、プログラマーとしての実力をつけられそうにない会社は即刻退職しましょう。

最低限、HTML/CSS、jQueryをしっかり経験できる会社でつけたほうが、実力がつくだけでなく、フリーになってからも、実力の伸びが全然違うからです。

 

別の会社で実績づくりを考えたほうが良いです。

 

ツールやアプリケーションの使い方を指導してくれない

ツールやアプリケーションの使い方を指導してくれないIT企業もすぐ辞めたほうが良いです。

WinSCPcyberduckなどプログラマーが必ずと言っていいほど使用するアプリケーションや、Gitなどバージョン管理ツールの使い方を全く教えてくれない会社もイエローカードです。

 

フリーランスで仕事をするとなると、「こういうツールは使えて当然」と現場の人は思っています

なので、使い方が分からないと、「この人本当に大丈夫なのか?」と不審に思われてしまいます。

 

下積み時代にこういうツールの使い方を全く学べないのはすごく致命的なんです。

プログラミングを仕事でやる場合、現場ではほとんどチームになって作業をすることが多いです。

 

そこで、沢山のファイルを管理するのに使うのが、バージョン管理ツールです。

いろんな人が編集するファイルにあなたが手を加えて作業することも沢山あるわけです。

 

誰がどこにどういう処理を加えたのか、どういうスクリプトを書いたのかなどをフリーランスになるとリアルに体験することになります。

だから、アプリケーションやバージョン管理ツールは実践で使えるようにすることが大切なんです。

 

プログラミングは独学に限界がある

自分で学ぶのは当然なんですが、独学で学ぶにしても限界があります。

さすがに自分で会社で使うようなサーバーを持っているわけではないし、実践に向けたような学習は難しいんですね。

 

自宅でGitのアカウントを作ってバージョン管理をしたとしても、作業している人は自分ひとりだけなので、リアリティがありません。

コンフリクト(自分と別の人が同じファイルを編集してしまい、バージョンの更新ができないこと)なんて、何度もおきます。

 

そのときのトラブルを現場で解決したほうが自分でやるより100倍身につくんです。

 

そのIT企業の雰囲気が完全に体育会系

雰囲気が体育会系のIT企業も今すぐ辞めたほうが良いです。

 

最初は会社の雰囲気がなかなか分からないと思いますが、2〜3ヶ月経つと大体会社の雰囲気が分かってきます。

そこで、会社の雰囲気が体育会系だと分かったら、もう退職の準備しましょう。

 

なぜなら、その会社にそもそもプログラミングの部署がないことが多いからです。

「そもそも求人でプログラマー募集しているのに、そんなバカな話あるの?」って思ったかもしれないですが、実はこういう会社あるんです。

 

僕がいたIT企業は会社にエンジニアが一人もいなかった

僕がフリーになる前にいた会社がその会社の社員エンジニアが一人もいませんでした。

求人情報には、「うちの会社でエンジニアが活躍中!」とちゃんと書かれていたんです。

 

しかし実際に入ってみると、その会社のエンジニアは僕が入った会社の社員ではなく、別の会社で仕事を頼まれたエンジニア達でした。

そのため、僕が入った会社はエンジニアに特化した会社ではありませんでした。

 

その会社でサービスを作るためにエンジニアがほしいという事で、募集がかかっていたんです。

だからこそ、「学ぶべきことはあなたが全て自分で学びなさい」体制の環境でした。

 

こういう会社だったので先程も書いたように、ツールやアプリケーションの使い方もろくに身につかなかったり、ちゃんとした現場経験を積むことも難しく、実績づくりもままならなかったんです。

だから、メンターの知り合いのエージェント会社の社員を紹介してもらい、2年分の実績がつくための勉強をしました。

 

エージェント会社で社員が実際に作っているウェブサイトの制作をやらせてもらい、無事フリーランスとして独立することができました。

 

プログラミング初心者が転職すべきIT企業の特徴まとめ

以上が、今すぐ辞めるべきIT企業の特徴です。

  • そもそもプログラミングが仕事で全然出来ない
  • ツールやアプリケーションの使い方を指導してくれない
  • 職場の雰囲気が完全に体育系

 

あなたが現場で経験を積んでいるIT企業が、これまでに書いた特徴に当てはまっていたら、即刻退職して別の会社で現場を積んでいきましょう。

他にIT起業は沢山あります。

 

ちゃんとした会社はあなたが成長できる環境をちゃんと整えています。

有意義な時間を過ごすためにしっかりとして現場で経験を積みましょう。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)