『貯金せずに投資しろ』という言葉を鵜呑みにするのは大きなリスク

『貯金せずに投資しろ』という言葉を鵜呑みにするのは大きなリスクサムネイル

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

リキトです。

 

リキト
リキト

本記事では、『貯金せずに投資しろ』という言葉を鵜呑みにするのはリスクである理由について解説していきます。

 

  • 「貯金せずに投資しろ」
  • 「若いうちは投資も大事だよ」
  • 「投資しないと成功できない」

などよく言われたことはないでしょうか?

僕は何度も聞いたことがあります。

「貯金せずに投資をしたほうがいい」とよく言われますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

『貯金せずに投資しろ』の本当の意味はこう

この『貯金せずに投資しろ』という本当の意味は『(最低限の)貯金(をして、無駄遣いだったり、無意味な貯金は)せずに(自分のできる範囲でいいから)投資しろ』ということであって、この言葉をそっくりそのまま鵜呑みにすることは非常に危険です。

 

貯金せずに投資すると、どちらもできずに失敗する

まず、何が起こるか分かりません。

『貯金せずに投資しろ』という言葉を鵜呑みにして、投資に失敗したとして、貯金がまったくない状態を想像してみてください。

 

自分が病気や怪我で仕事ができないという状態になった場合、貯金がないと入院費や治療費は払えません。

高額医療費支給制度を使ったとしても、最低限のお金はかかります。

 

そして、フリーランスのエンジニアが自分が仕事で使用しているパソコンが壊れてしまった場合、新しいパソコンを買わないといけない状態になったときに、何らかの理由で分割支払ができなかった場合、数十万円一括で払う必要がでてきます。

そんなときに、貯金がなければパソコンは買えません。

 

ようは、身の丈にあったお金の使い方をしないと、お金を稼いでいても、貯金がなく結局昔の生活に逆戻りする人の二の舞を演じる結末が待っているということです。

そんな状況では貯金もできないですし、投資もできないから、結局状況が変わらず無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

 

そうならないためにはどうすればいいのか。

 

貯金・投資両方をする効率的にやるなら、家計簿を作ろう

僕はこの言葉を「最低限の貯金をして、無駄遣いだったり、無意味な貯金はせずに自分のできる範囲でいいから投資しろ」と捉えていますが、これを実現させるために効率的なやり方というものがあります。

 

それは家計簿を作るということです。

家計簿をつけることで、自分がその月に貯金する額と投資する額を簡単に把握できます。

 

お金がないと何もできない思考で不安になりやすい人は家計簿を作るべき

お金がないと何もできない思考で不安になりやすい人は家計簿を作るべき

2019年6月16日

 

下記の動画でも語られていますが、投資に使うお金を確保することが大切なのです。

収入が自分の口座に振り込まれたら、投資する分を確保してします。

そのために、家計簿をつければ、貯金も投資もできないという事故は防げることでしょう。

 

これは僕も実践していて、その月に何にお金を使うのかを一瞬で把握できます。

 

  • 固定費(家賃、光熱費、健康保険・年金、交通費etc…)
  • 食費
  • 貯金
  • 娯楽費(服、靴、アクセサリー、美容代etc…)
  • 投資額(オンラインサロンの会費、書籍代、セミナー代etc..)

など次の収入が振り込まれるまでに自分が何にお金を使うのかを把握できるので、使いすぎてしまうということが自然となくなってしまうのです。

 

貯金と投資はバランス良く、安全にすればリスクも少ない

こうすれば、貯金もできて、投資もできるので貯金も投資も失敗する可能性は少なくなるでしょう。

 

貯金であれば、収入の1割は貯金に充てるのが主流ですね。

毎月の収入が50万円だとしたら、1割の5万円を貯金に当てるのです。

その後に、貯金を確保した上で、その月に投資に回すお金を確保します。

 

しかも、投資に関して言えば、今では少額から可能です。

何万とか何百万とかそういう額を使えばいいというわけではありません。

 

例えば、これからエンジニアに転職したいというのであれば、今ではprogateやドットインストールなどの月1000円程度で学べるものがありますし、プログラミングの書籍は数千円で買うことができます。

 

ブログを学びたいのであれば、エンジニアと同じようにブログの書籍だってあります。

 

それに、今やオンラインサロンも数千円で入会できるところが多いので、毎月遊びなどの浪費に使っているお金を1万円投資に回すだけで全然投資になります。

ちなみに、ブログを学びたいのであればオススメは、ブロガーのヨスさんのオンラインサロンがおすすめです。

ヨスさんのオンラインサロン『ヨッセンスクール』に入会してみた感想タイトル

ヨスさんのオンラインサロン『ヨッセンスクール』に入会してみた感想

2021年3月24日

 

数千円なら、毎月お菓子に数千円使っているのであれば、それを我慢すれば出せる額ですし、むやみに飲み会に行っているのだとしたら、それを1回我慢することで出せる額です。

 

以上、『貯金をせずに投資しろ』という言葉を鵜呑みにするのは危険ということについて解説してみました。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!