「お金がないと何もできない」思考の人は家計簿を作るべき理由

「お金がないと何もできない」思考の人は家計簿を作るべき理由

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

元いじめられっ子ブロガーのRIKITOです。

 

今日は「お金がないと何もできない」という思考に陥っている人はその思考を直すために、

「お金がないと何もできない」という思考は大変危険であり、あなたの価値をかなり下げるという思考です。

 

実は僕も「お金がないと何もできない」という思考になってました。

フリーランスになって収入が増えましたが、フリーランスになってからもこの思考に苦しめられ、「お金がないと何もできない」という思考を変えるようにしてます。

 

あなたにはお金のことで僕みたいに苦しんでほしくないので、シェアしていきます。

 

『お金がないと何もできない』という思考のせいで、できていることも把握できなくなる

「お金がないと何もできない」という思考のままでいると、あなたができていることも見落としてしまいます。

 

確かにお金がないと好きなものは買えないし、食べたいご飯も毎日食べれるわけでもないし、ほしい洋服も諦めないといけないなどできないことはあります。

しかし、本当にお金がないと何もできないというわけではありません。

 

あなたは本当に何もできてませんか?

  • 自宅に住めているということは、家賃をしっかり払えているという証拠ですよね?
  • 僕のブログを見ることができているということは、ネット代をしっかり払うことができているという証拠ですよね?

なので、決してお金がないわけではありません

 

もし、あなたが本当にお金がないというなら、

  • 今頃携帯とパソコンもネットの料金が払えないので、僕のブログも見れないか、ネットが繋がる環境で見ている
  • 家賃を払えないので、ホームレス

です。

 

だから、「お金がないと何もできない」という思考により、あなたができていることに気づけなくなっています

ちゃんとあなたができていることがあるのに、「お金がないと何もできない」という思考で、できていることもできていないとマイナスな勘違いをしてしまっているんです。

 

そのマイナスな勘違いが積み重なることにより、自分をどんどん追い詰め、ネガティブになっていきます。

だから、例えで話したことを詳しく解釈すると、

あなたのやりたいことをやるためのお金がないだけで、支払わなきゃいけないものは支払うことはできている

という解釈になる人がほとんどです。

 

「お金がないと何もできない」思考の人は落ち着いて自分の状況を把握するために家計簿をつけること

「お金がないと何もできない」思考の人は、まず自分の状況を把握することから始めましょう。

自分ができていること・できていないことをちゃんと把握することです。

 

そのために家計簿をちゃんとつけましょう

家計簿をつけることで、

  • 一ヶ月の自分の収入はどれくらいなのか?
  • 自分が何にお金を使っているのか?
  • 支払うべきものを支払うことができているのか?
  • 自分が一ヶ月に使えるお金はどれくらいなのか?
  • 毎月どれくらいのお金が余るのか?

が分かります。

 

自分の金銭感覚をしっかりと把握することで、使いすぎてしまっているものや必要ではないものにお金をかけていることが分かったりもします。

そのお金の出先が分かれば、やりたいことをやるためにどうすればいいのかを考えることができるわけです。

 

それを続けていくことで「お金がないと何もできない」思考を少しづつしなくなっていき、結果的に考えなくなっていきます。

「お金がないと何もできない」思考に陥ってってしまうと、その思考を止めるのにかなりの時間がかかります。

 

なので、少しづつ「お金がないと何もできない」思考をやめていくことです。

 

「お金がないと何もできない」という思考はあなたをどんどんネガティブにしていく

「お金がないと何もできない」という思考をずっと続けていると、あなたはどんどんネガティブになっていきます

何をするにしても、お金のせいで自分の望みを諦めるような思考回路になってしまいます。

 

  • 仕事を見つけるにしても、できるだけ給料がいい仕事を見つけるようになってなかなか思うような仕事を見つけられないから、身の丈にあった職場を見つけるようになる
  • やりたいことをやっても、「お金がないと何もできない」という思考のせいで、お金が減っていくことばかり考えてしまい、楽しくなくなる
  • お金のことを考えすぎて、毎日お金が減ることにビクビクする
  • 「お金がないと何もできない」という思考のせいで、できることもできなくなる

とかです。

 

こうなってしまうと、ネガティブなことが積み重なります。

こんなくだらないことでネガティブになるのも変な話です。

 

だからこそ、家計簿をつけて、自分の状況を把握することが大切なんです。

あまり重要に見られない家計簿ですが、「お金がないと何もできない」と思っている人にとっては、その思考を辞める手段の一つになります。

 

お金に支配されてしまうと、あなたの喜怒哀楽も何もかもお金に支配されます。

要はお金にあなたのやることや住む場所、食べるものなど、全て決められてしまうということです。

 

「お金がないと何もできない」思考で僕自身もフリーランスになっても苦労した

特にフリーランスの人がこうなってしまうと結構大変です。

フリーランスは自己管理が問われるので、健康も、人脈も、金銭感覚も、何もかも自分で管理することが重要です

 

ここからは僕の経験談を話します。

僕はフリーランスになって、精神的に余裕も出てきたんですが、なりたては本当にお金がきつくて、とにかく「お金がないと何もできない」と考えてばかりいました。

そのおかげで楽しくない生活が何ヶ月も続き、フリーランスになっても「お金がないと何もできない」思考のままでいたので、お金の面で満たされることはありませんでした。

 

  • 使えるお金を把握することができてなかった
  • 自分が何にお金を使っているかを把握することができておらず、やりたいことをできなかった
  • 自分が無駄遣いをしているかも把握できてなかった

など、これまで説明した状況に陥っていたんです。

 

家計簿をつけてから、ちゃんと自分の金銭管理をしっかりできたので、少しづつ「お金がないと何もできない」という思考をやめることができています。

 

「お金がないと何もできない」思考の人が家計簿をつけるべき理由まとめ

以上が、「お金がないと何もできない」思考の人が家計簿をつけるべき理由です。

  1. 『お金がないと何もできない』思考のせいで、自分の視野が狭くなる
  2. 自分の状況を把握して『お金がないと何もできない』という思考を少しづつやめていく
  3. 『お金がないと何もできない』思考はあなたをどんどんネガティブにする

 

「お金がないと何もできない」という思考でいると、何やっていても楽しくなくなります。

早急にこの思考を辞める努力をしてみましょう。

記事が気に入ったシェアよろしくおねがいします!