ジョジョの奇妙な冒険から学んだ奪う人の特徴5つ

Rikipediaブログサムネイル

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

パーソナリティクリエイターのRIKITOです。

 

今日はジョジョの奇妙な冒険という漫画のアニメを見ていて奪う人について学んだことがあるので、書いていきます。

また、最近学んでいる王様マインドと奴隷マインドについても当てはまることがあったので、僕のブログを読んでくれているあなたには奴隷マインドを持ってほしくないので、奴隷マインドの特徴についても書いていきます。

 

僕が見ていたのはジョジョの1部です。

1部は貴族と貧民の話なんです。

貧民出身のディオ・ブランドーが名門貴族のジョースター家の家族の一員になり、ジョースター家の乗っ取りを企みます。

 

そんなディオとディオの執拗な嫌がらせを受けながらも立ち向かうジョースター家の跡継ぎ、ジョナサン・ジョースターの話です。

ディオの行動を見ていて、奪う人がよく分かったので、奪う人の特徴について書いていきます。

 

奪う人は周りからも嫌われ、結局孤立してしまいます。

あなたがそうならないためにも、奪う人の特徴を知り、日ごろの行いを振り返るいい機会にしてください。

 

奪う人の特徴①憎しみが原動力

ディオがなぜジョースター家を乗っ取ろうとするかというと、ディオ自身が貧困の身分だったこともあり、いい環境に恵まれることがなかったことが原因です。

酒場でギャンブルをして買った相手にさえ侮辱されるなど、非常に貧しい街に住んでいました。

 

それだけじゃなく、ディオは家庭にも恵まれることはありませんでした。

父親のダリオ・ブランドーは酒に酔いつぶれ、妻にも暴力をふるうという最悪に父親でした。

そのため、母親はディオが幼い頃に亡くなってしまいます。

その後もダリオの素行は良くなる気配も全くなく、亡くなった妻のドレスをお金のためにという売らせようとディオに命令したりします。

 

このようにディオは本当に不幸でした。

その自身の辛いの過去から、どんな手を使ってでも自分が豊かになろうとしていく人になっていきます。

 

奪う人はこのように憎しみが原動力になります。

人のためにという要因が一ミリもありません

与える人は、必ず相手の幸せを考え、相手の喜ぶことをしようとする気持ちがあります。

なので、原動力が愛になるんです。

 

よく見かけるのが、いじめられたからという理由で、自分の目標・目的を達成しようとする人です。

これも、「いじめられた」という憎しみが原動力になっています。

「いじめられた」という自分の過去に目を向けるのではなくて、自分以外の誰かのためや、世の中のために目を向けるといいでしょう。

 

奪う人の特徴②人の気持ちを考えられない

ディオはジョースター家に入る前に、一番のお金持ちで誰にも負けないという野望を抱きます。

そして、周りを顧みず、自分のジョースター家を乗っ取るという野望がどうすればうまくいくかばかり考えます。

 

初めてジョースター家に来た時に、ジョナサンの愛犬のダニーが近寄ってきたときに、自分が犬が嫌いという理由だけで、ダニーを蹴り飛ばし、終いには、犬が嫌いという理由を憎たらしい発言でジョナサンに言い放ちます。

 

さらには、ジョナサンより出来がいいことを理由に、ジョナサンの友達に嘘をふっかけてジョナサンの信用を落としたり、ジョナサンの初恋の相手のエリナ・ペンドルトンのファーストキスを奪い、エリナを悲しませます。

終いには、ジョースター家を乗っ取るために、石仮面という吸血鬼になる道具に目をつけ、自分の野望のためにゴロツキを実験台にして吸血鬼になる方法を確かめるという悪行にまで手を染めます。

 

奪う人は自分の欲を満たすために人の気持ちを考えずに自分の価値観だけで行動します

ディオはジョナサンの気持ちを考えずに、「犬が嫌い」という理由だけで愛犬を蹴り飛ばしたり、自分が何もかも一番じゃないと嫌だというプライドでエリナのファーストキスを奪ったりしました。

このように自分の価値観が全てと思っているので、人の痛みが理解できません。

 

与える人は相手の気持ちを汲み取ろうとします

相手が傷つくことをしようとしません。

何か行動するときも発言するときも相手の気持ちを汲み取り、実行に移します。

 

奪う人の特徴③自分の目的のために犠牲を厭わない

ディオはジョースター家に来る前から、ジョースター家を乗っ取ろうとします。

そのために、ジョナサンの父親のジョージ・ジョースターを自分の父親と同じように何度も手に掛けようとします。

終いには、そのために石仮面という吸血鬼になる道具を使って吸血鬼になり、ジョナサンとジョージを殺めようとします。

 

そんな吸血鬼になったディオも一度は、波紋という特殊能力を会得したジョナサンに敗北します。

しかし、吸血鬼になると不死身になり、朝日を浴びない限りは死ぬことはありません。

なので、打ち負かされた後もしぶとくジョナサンを倒す機会をうかがい、ある時、首だけの状態でジョナサンの前に現れ、ジョナサンの身体を奪おうとまでします。

 

奪う人は自分が幸せになるために、誰かを不幸にすることを当然のように考えます

自分以外の誰かを不幸にしなくても、幸せになることは簡単にできます。

自分の幸せに誰かという犠牲が必要であるならば、それは、犠牲が必要な自分が幸せになる方法しか知らないだけです。

 

与える人は周りも自分も大切にします

自分の目的のために、自分以外の誰かを犠牲にして豊かになることは考えません。

相手が幸せになってもらうことに喜びを感じているからです。

 

奪う人の特徴④人の上に立とうとする

ディオは常にジョナサンを見下します。

ディオが初めてジョースター家にやってきた時に、自分は一番が好きだジョナサンに言い放ちます。

ジョナサンの初恋の相手、エリナ・ペンドルトンのファーストキスを奪った後のセリフが「初めての相手はジョジョではない、このディオだ!」と言ってのけます。

 

このように、奪う人は常に人の上にいないと気が済みません

「自分は一番でないと負けた気分になる」「一番でないと意味がない」など、不要なプライドを持っています。

 

そもそも負けたか勝ったかという物差しで自分を図ろうとしている事自体が情けないです。

戦争しているわけじゃないのに、どこかで相手を打ち負かせよう、相手をひざまずかせようと考えています。

 

与える人は、分かち合おうとします

自分や周りの人達がどうしたら、幸せになれるのか、今よりいい状態になれるのかを第一に考えています。

相手の気持ちを優先的に考えられる人が周りにも恵まれ、豊かになっていきます。

 

奪う人の特徴⑤認めない

ディオはジョナサンに喧嘩で打ち負かされても、ジョナサンに対し、「こんなクズに」などと捨て台詞を履きます。

それだけじゃなく、ジョナサンを間抜けと何度も罵ることもあります。

 

ジョナサンと喧嘩で負けても、その腹いせにジョナサンの愛犬のダニーを焼却炉に入れて焼き殺し、自分の負けを認めず、ジョナサンを打ちのめしたいという気持ちが高まっていきます。

他には、エリナのファーストキスを奪い、エリナが泥水で口を洗う姿を見ても、自分に好意を抱いてくれないことに腹を立て、それを認めることができず、エリナに手を上げます。

 

奪う人は自分が全て正しいと思っているので、認めようとしません

自分の行いを注意されても、否定されていると勘違いし、相手をもっと傷つけていきます。

 

与える人は、間違いを犯してしまったり、誰かを傷つけてしまったりしたら、必ずその行いを反省し、謝罪します

自分が何かよくないことをしてしまったときは我に返ることを忘れません。

 

奪う人にはならず、与える人になろう

奪う人になると豊かになれません。

人を簡単に傷つけていくし、孤独な人生が待っています。

あなたにはこんなふうにはなってほしくないです。

 

世の中は因果応報の法則で成り立っています

自分が相手にしたことが必ず自分に返ってきます。

 

人は与える人に集まってきます。

与える人は相手が第一なので、常に相手のことを考えます。

周りに与える人になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)