妊娠の後に中絶を経験した女性にその時の気持ちをインタビューしました

妊娠の後に中絶を経験した女性にその時の気持ちをインタビューしました

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

です。

 

本記事は妊娠を経て、人工妊娠中絶手術(以下中絶手術)を経験して感じた気持ちとその後の影響についてインタビュー記事です。

 

今回インタビューさせていただいたのだは、妊婦さんの通える高校を作ることを夢見て頑張っているみゆさんという女性です。

妊娠の後に中絶手術を経験した女性のインタビューを記事にしようと思ったキッカケ

今回、中絶手術を経験したみゆさんにインタビューをしようと思ったキッカケはみゆさんがDMをくれたことです。

ある日みゆさんからDMが届きました。

みゆさん
みゆさん

さんこんばんは。

妊娠した子が通える塾を作ろうとしているみゆと申します。

ブログの、中絶に関する記事読ませて頂きました。

私は中絶経験がありますが、医療者から見た中絶の印象を知れて、うまく言葉に出来ませんが、とても良かったな、また、知れて嬉しいと感じました。

そこで、図々しいお願いかもしれませんが、中絶経験者である私の話も記事にして頂けないかなと思いまして。

私は高3で妊娠・中絶を経験しました。

・中絶手術までの期間、どのように学校で過ごしていたか
・中絶後の心境の変化(ネガティブなことも、ポジティブなことも。)
などについてお話できると思うし、他の人にできるだけ伝えたいんです。

よろしければ検討お願い致します。

 

みゆさんは僕の人工妊娠中絶に立ち会った女性のインタビュー記事を読んでTwitterでDMをくれました。

人工妊娠中絶手術の立ち会いを経験した女性にインタビューしましたサムネイル

人工妊娠中絶手術の立ち会いを経験した女性にインタビューしました

2019年9月26日

妊娠を体験し、中絶手術を受けるに至った経緯

では、インタビューさせてください。

まず、中絶に至るまでの経緯というのをお聞かせいただければと思います。

答えられる範囲でいいので教えていただけますか?

みゆさん
みゆさん

高3の4月に妊娠が分かりました。

生理予定日を1週間と少し過ぎた日に、検査薬を試し、陽性が出ました。

表現がおかしいかもしれませんが、 この世の終わりのような感覚になりました。

検査薬をやって、すぐに親に言おうと思ったのですが、すぐには言い出せませんでした。

その時、彼氏は高2で、子どもは将来的にもいらないという考えでした。

また、私自身も産みたいという気持ちはありましたが、今高校に妊娠を伝えたら退学になり、高校を卒業できなくなることや、大学に行きたいという思いがあったため、中絶を自分の中で決めました。

親は、産むか中絶するかを最初に聞いてくれたので、中絶するということを伝え、その後相手の親にも中絶するということを伝えました。

その後は中絶に対する罪悪感などで情緒不安定な時期が続きました。

高校は完全に妊娠すると退学をするように言われますから、言いづらいですよね。

人工妊娠中絶手術の話を聞いて真っ先に思いついたのが、昔放送された「14歳の母」というドラマでした。

このドラマでは相手の男性に逃げられてしまいます(結果的に何とか男性を見つけて責任を取ります)。

 

女性が妊娠をしていることが分かると、残念なことに連絡が取れなくなったり逃げられてしまうことがあります。

普通に人工妊娠中絶手術は身体に負担がかかるのに加えてそういう不安も女性は抱えてしまうのです。

 

妊娠が分かったときの気持ち

どんな気持ちになり、両親はどう感じたのか

妊娠が分かったときはどんな気持ちでしたか?

みゆさん
みゆさん

妊娠検査薬を使う前から、明らかな体力の低下や、ニキビの種類の変化、直感ですが、「今月は生理がこない気がする」という予感がしていたので、「ああやっぱりな」と思いました。

それでも、焦りや、「終わったな」という気持ちがありました。

それは怖いですね。

性病にかかって症状が出てくる感じと似てるような気がします。

続いて、親に妊娠が分かったことを話した時は、親はどんな反応だったか?

みゆさん
みゆさん

親には全力で呆れられました。

普段、とても親子仲がいいので生理がきてないことも母は分かっていたので、予想はしていたみたいです。

親からしたら自分の子供が結婚もしてないのに妊娠なんて聞いたらびっくりしますからね。。。

 

セックスをした後に妊娠をする気もないのに身体に異変があると怖いものです。

ましてや妊娠が判明したら頭が真っ白になることでしょう。

 

親は自分の子供が結婚もしてないのに「妊娠した」という報告を聞いたら、びっくりします。

 

妊娠してからどのくらいの数週だったのか

ちなみに、妊娠が分かった時は妊娠何周目でしたか?

みゆさん
みゆさん

妊娠5週目だったと思います。

中絶手術したときは妊娠8週目でした。

妊娠したのが判明するのに1ヶ月もかかるんですね。。。

みゆさん
みゆさん

妊娠週数の数え方って、前の生理の初日を0週0日とするんです。

だから、妊娠0週はまだ性行為をしていないことが大半です。

妊娠検査薬を使って効果があるタイミングの見極め方の1つに、性行為の3週間後というものがあります。

だから、実際は私も妊娠がわかるまで3週間と少ししか経ってなかったと思います。

生理を基準に数えるんですか。

初耳です。

みゆさん
みゆさん

それを知らないと、「今何週目くらいでしょ、だからまだ初期中絶の期限まであるから迷っていられる」と勘違いし、気づいた時には中期中絶になっていたり、中絶できない時期になっていたりするので、かなり大事なポイントです。

妊娠数週の数え方も行為をしてから3週間後に分かることも初耳でした。

 

ちなみに人工妊娠中絶手術は妊娠11週までに行うことが望ましいとされています。

また、人工妊娠中絶手術は「母体保護法」という法律に則って行われます。

中絶というのは軽い気持ちで考えるものではありません。

 

詳しくは公益社団法人日本産婦人科医のホームページの人工妊娠中絶ができる条件とは何ですか?に詳細が書かれているのでチェックしてみてください。

 

妊娠していることが分かって友達や周りの人から噂されることとかはなかったか?

妊娠しているのが分かって、周りで噂されたりとかはなかったでしょうか?

みゆさん
みゆさん

多分噂はされてないと思います、少なくとも私の周りでは。

相手の学年では何を言われていたのかわかりませんが…

周りの目は、全く気にしなかったといえば嘘にはなりますが、あまり気にしませんでした。

そんなことよりも、自分の子どもを自分から失う選択をしたことや、手術前処置のとてつもない痛み、手術後の空虚感、PTSDの方が辛かったです。

友達から言われたりとかはしませんでしたか?

妊娠したことが知れ渡ると高校生ぐらいの年齢だとすぐに広まってしまうこともあるので。。。

みゆさん
みゆさん

言われてないです。

友達には誰にも相談しなかったので。

また、7週頃じゃまだお腹も出てきてないですし、つわりほぼなかったので、皆が、「妊娠してる?」と聞きたくなるようなことはありませんでした。

周りに気づかれなかっただけでも幸いですね。

それにしても、周りの目を気にしないのは難しいと察します。

みゆさん
みゆさん

難しいというか… 自分の体が今後どう変化するのか怖かったり、自分の子どもへの申し訳なさであったり、つわりだったりで周りを気にしてる余裕なんてどこにもなくなっていました。

自分のことで精一杯でした。

怖いですよね。

自分がどうなっちゃうのか、不安ですし。。。

やっぱり親に話すのは怖かったですよね?

怒られるんじゃないかとか、お金のことどうしようとか。。。

みゆさん
みゆさん

怖かったです。

なんと伝えたらいいのか分からないし、どんな顔をされるのか分からないし。

家では母と2人でいることのが多いので、伝えたあと家の中がどんな雰囲気になるんだろうという怖さもありました。

みゆさんは今は無事に大学生生活を送れていますが、最悪の場合、中絶手術をするお金がなくて産み捨ててしまったり、中絶することができずに養子縁組を組まない行けないこともあるのです。

 

セックスの経験が遅い早いということを気にしてばかりいると、痛い目を見るのです。

人となりがしっかりしている人はそんなところで人を判断しません。

本当に肝が据わっている人ならセックスをしたことがあるかどうかで人の価値は決まらないという価値観を持っています。

 

妊娠を経験してみて思ったこと

まさか自分が妊娠をするとは思わないので、本当にそうなった時は頭の中真っ白になりますよね。

みゆさん
みゆさん

避妊をろくにしてなかったので、可能性はあると思っていましたが、いざ妊娠するとうろたえました。

妊娠する前は「もし妊娠したら産むわ~」とずっと言っていましたが、実際に妊娠すると、そんな軽く言えるほどのものではないと痛感しました。

経験から学んだのですね。

そこから避妊の大切さとかセックスの経験が早い遅いとかは関係ないとか何か他に思ったこととかはありますか??

みゆさん
みゆさん

私は本などを読んで、避妊の大切さはわかっていました。

でも、どうしても相手に伝わらず、避妊をしてくれませんでした。

また、相手は生理すらわからない人だったので、性教育の大切さを痛感しました。

また、妊娠した子が学校に通える環境のなさに失望しました。

どうして10代ママと高校生を両立できないんだろうと怒りを感じました。

もちろん、中絶後は後悔しかなくて、前を見たくても見れない日が続きました。

でも、私は、自分の子どもに、「産まれることはできなかったけど、自分が産まれなかったおかげでこんなにすごいことをお母さんがしてくれたんだ」って思って欲しいと思います。

きっと私が後悔して、悲しんでいるところはあまり見たくないだろうな、と。

だから、性教育の講演をすることで、産まれてこれない赤ちゃんを1人でも減らしたいし、もし10代の女の子が妊娠しても産める環境を作ることで、自分の子どもへの申し訳なさを償おうとしています。

中絶があったことで、性教育を広めることという、自分がやりたいことを見つけたり、10代で妊娠した子が通える高校を作るという夢が出来ました。

だから、私にとって中絶は今では必ずしもネガティブなものではなくて、ポジティブなものとなっています。

性教育をちゃんと学ばないと相手を傷つけます。

今回みゆさんが苦しんだだけでなく、相手の心に傷を残すこともあるのです。

 

 

今日本の性教育を変えようと頑張っている方たちが沢山います。

そんな素敵な人達から是非学んでみてはどうでしょうか?

 

妊娠してすぐ学校をやめさせられるのは僕も納得が行きません。

完全復帰できるまで期間を設けたりするだけでもいいのでは?と思ってました。

みゆさん
みゆさん

子供を出産した女の子が両親がいるなら、在学中は両親に診てもらって帰宅したら世話をするだけでも充分対応できることとかあるはずですよね。

おそらく、出産前後休学するという形で対応をする子もいると思います。

しかし、産んだ後の育児の大変さや、後輩と同じクラスになることに対する躊躇いがあって、復学せずに退学する子もいると思います。

あとは、行政がもっと支援して欲しいなと感じます。

10代ママが勉強を続けるための支援をしている自治体もあるようですが、現状を見ると足りないと感じます。

かなり深刻な問題んですよね。

先程「10代で妊娠した子が通える高校を作るという夢が出来ました」と教えてくれましたが、そのために実際に今行動に起こしていることとかはありますか?

みゆさん
みゆさん

学校を作るとなると、きっと実現はかなり先の話になってしまうので、今は10代ママが高卒認定試験合格のための塾を起業しようとしています。

最初は横浜限定で行い、将来的にはSkype等を用いて全国の10代ママが学べる環境を作りたいです!

また、私は教育学部に通っているので、教育学部の学生対象に性教育のイベントを企画中です。

先生の卵に性教育を行えば、未来の子どもたちに少しでも性教育が届くかもしれないと考えています。

性教育を変えたい人たちが集まる団体とかに所属とかはしてないのでしょうか?

僕も何かできないかと、自分が今後していきたい何かが見つけるために性教育を学べる何らかの団体に入会しようかと検討中なんですよ。

みゆさんの夢である学校を作るということの何かヒントが得られるかもしれないので、そういうグループや団体に入るのはいいかもしれないですね。

みゆさん
みゆさん

学校を作るいわゆる学生団体には入ってないです。

25歳以下のアクティビストの集まりには顔出してるので、同年代のアクティビストと話すことはありますが。

他の学生団体も入りたいんですけど、これ以上やること増やすと自分の頭のキャパオーバーするのと、他大に行くことになるので、交通費が辛くて。。。

他のアクティビストとはTwitterで繋がる程度です。。

学生は勉強もありますからね。。。

できることから着々やっていきましょう!

最後に何か伝えたいことはありますか?

みゆさん
みゆさん

中絶は端的に考えてしまえば、自分の子どもを合法に殺すものであるから、身体的にも精神的にも辛くなるけど、それをバネにして生きればきっといつか、中絶がネガティブな出来事ではなく、ポジティブな出来事として捉えられる日が来るというのを読者様にお伝えしたいです!

長期間に渡りましたが、インタビューして頂きありがとうございました!

ありがとうございました。

 

みゆさんへのインタビューは以上です。

 

妊娠にまつわるトラブルはややこしい

今回みゆさんにインタビューをしてみて、相手を妊娠させてしまうのは相手を苦しめる問題であるということを痛感しました。

今回みゆさんは何とか問題を解決できましたが、お腹の中の子供の父親に逃げられることなどは大いにありえます。

 

セックスをすることが悪いのではなく、相手を傷つけるのがいけないのです。

 

しかし、驚くことに相手のことを考えずにセックスをする人が非常に多いのが現状です。

 

最悪なことに、相手に妊娠しても責任をとらない最悪な人もいます。

 

日本では性教育が充実していないので、こんな状況なのです。

 

妊娠のトラブルを予防するために性教育をしっかり学ぼう

妊娠のトラブルを防ぐためには、しっかりと性教育を学びましょう。

 

性知識・性教育が欠如していると、相手を傷つけます。

セックスによるリスクがあるのは明らかに女性です。

それに女性はただでさえ日常で性的な嫌がらせを受けたり、苦しんでいます。

【想像以上に悲惨】性被害に困っている女性達の悩みのツイートまとめサムネイル

【想像以上に悲惨】性被害に困っている女性達の悩みのツイートまとめ

2019年6月22日

 

性に関することで傷つくと、いじめと同じで心に傷が残りますし、その後の人生に悪影響を及ぼすこともあるのです。

 

今からでも遅くありません。

まずは性教育関連のイベントに参加してみてはがどうでしょう。

 

僕もこの歳になってからしっかり学び始めました。

今ではinstagramで性知識について発信しているので、興味があれば参考にしてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

/性知識エバンジェリスト(@rikipedia_rkt)がシェアした投稿 –

 

 

性教育関連のイベントに参加すると、知らなかったことを沢山知れるので、勉強になります。

特に2018年8月に参加したAIDS文化フォーラムで学んだ、避妊の種類については驚愕でした。

AIDS文化フォーラムin横浜で性教育を学んできた感想と思ったことサムネイル

AIDS文化フォーラムin横浜で性教育を学んできた感想と思ったこと

2019年8月7日

 

ちなみにおすすめはコンドームソムリエAiさんが主催で開催している「コンドーム試触会」です。

Aiさんがいろいろなコンドームを教えてくれるだけでなく、ゲストをお招きして性に関する話を聞くことができます。

 

僕は過去2回参加しました。

初めて参加したときは、AV男優の森林原人さんがゲストで、性に関する話をする女性がなぜエロい目で見られるようになってしまったのかを解説してくれました。

コンドーム試触会に参加したら過去の傷が癒えて幸せな時間だったサムネイル

コンドーム試触会に参加したら過去の傷が癒えて幸せな時間だった

2019年9月25日

 

2回目は、泌尿器科医のこば先生がゲストで、男性のペニスは癌になる話や、妊娠中に性病に感染するとかなりまずい話とかを教えてくれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

/性知識エバンジェリスト(@rikipedia_rkt)がシェアした投稿 –

2度目のコンドーム試触会に参加してみた感想【まじで男性必見!!】サムネイル

2度目のコンドーム試触会に参加してみた感想【まじで男性必見!!】

2019年9月23日

 

妊娠のトラブルが起こると自分にもダメージがあるだけでなく、お互いの両親や相手など関係者まで問題に巻き込むことになります。

取り返しのつかない状況になることを防ぐために、しっかりと性教育を学びましょう。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!