女性が『性』に興味関心を持つことについて絶対に男性が知っておくべきこと

女性が『性』に興味関心を持つことについて絶対に男性が知っておくべきこと

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

キリトです。

 

キリト
キリト

今日は女性が「性」に興味を持つことに対して男性が知っておかなきゃいけないことを書きます。

 


決して自分の欲望に身を任せて性欲を吐き出してほしいということを訴えたい記事ではないので、ご了承ください。

 

この記事について素敵なコメントをいただきました。

 

性の話をしている女性が誰とでもしたいわけじゃない

まず絶対に知ってほしいのが、性の話をしている女性が誰とでもしたいわけではないのです。

 


「性の話をしている」という理由で女性を性の対象にいれていいわけではありません

 

単に「性行為」のことを言っているわけではない

性の話をしている女性は単に「性行為」のことだけつぶやいているわけではないのです。

 

確かに今Twitterには裏アカウントと称して、自身のSEXの時の声を流すアカウントもあるのは事実です。

しかし、「性」の話はSEXだけではありません

 

  • 避妊
  • 性病

など、性にまつわるいろいろなことをつぶやいてる方がいて、決してSEXのことを言っているわけではないのです。

 

性にまつわる悩みや問題を解決するために尽力している人も沢山います。

 

「性」にまつわる悩みの解決のために活動している方々

ここで「性」にまつわる悩みの解決のために解決している方々を数名紹介します。

 

○コンドームソムリエAiさん

性感染症対策のためにコンドームをつけない男子を減らすことを目的に発信されている方です。

 

僕が参加したコンドーム試触会の主催者でもあります。

コンドーム試触会に参加したら過去の傷が癒えて幸せな時間だったサムネイル

コンドーム試触会に参加したら過去の傷が癒えて幸せな時間だった

2019年9月25日

 

○まなさん

 

性の話で人を傷つけない接し方などを発信されている方です。

 

○妖子さん

 

クラミジアになった経験から、性病検査を普及させるべく発信されている方です。

 

○SEX界のフィクサーおかめさん

性に関することで悩む人を減らすべく、中央大学でAV業界で活躍する方々を読んで講演を開いたりするなど積極的に活動されている方です。

 

○ぬー&しゅーさん

 

自分たちの経験を元に、カップルがSEXを楽しめるための発信をされている方々です。

 

○シオリーヌさん

 

性教育や性の話を気軽にできる世の中を作るために発信している方です。

 

○山本えみりさん


夫婦やカップルがセックスレスを解決するためのマインドや具体的な解決方法を発信している方です。

 

他にもいろいろ性に関する問題を発信している方が沢山います。

性の話をしているからといって、誰ともなりふりかまわずSEXがしたいわけではないのです。

 

「性の話をしている=エロく、セックスができる」と決めつけるのは、もってのほかです。

 

なぜ「性」の話をしている女性が性的な目で見られるのか

では、なぜ「性」の話をしている女性が性的な目で見られてしまうのでしょうか?

 

僕の答えは、


です。

環境がそうなってしまっているのかと僕は解釈しています。

 

その大きな原因は主に2つだと考えています。

 

男性向けメディアの内容がひどい

まず1つに、男性向け雑誌やネットのメディアのSEX特集の状況って本当にひどいからです。

男性にとにかくSEXをさせることに重きが置かれています

性病予防やセクシャルマイノリティのことについてはあまり触れられることがなく、「SEXの経験をさせること」を目的に書かれていたりします。

 

学校の性教育が充実していない

もう一つは、学校の性教育が充実していないことです。


日本人は性教育のレベルがかなり低いです。

 

英語や数学よりも大事なことなのに、性教育のことは全然学校で学べないのです。

保健体育の性の話も曖昧にしか語られない状況なんです。

 

そこで、生徒たち性の知識を得るために

  • インターネット
  • 知人・友人

から様々な性知識を手に入れます。

 

なんて、おぞましい情報を生徒たちは手に入れる状況にあるのです。

ネットには「ヤれる女の特徴」みたいなネットの記事もありますし、そういう女性の特徴をおおっぴろげに暴露するYouTubeチャンネルもあります。

 

そういう誤った情報が多いものを社会的にまだ判断能力がない子たちが、そこに載っているものが全てだと騙されてしまうのです。

 

性教育がなってない状況がもたらした弊害

この2つが性に関することで女性を傷つける男性が増えた原因だと考えます。

 

コンドーム試触会で森林原人さんが仰っていたことですが、ananで女性向けSEX特集が組まれてから、

  • ヤれる女が沢山いる
  • 性のことを話している女はヤれる

などと思った男性が大勢いたそうです。

anan

正しい性知識を得ることのないまま成長し、男性が女性を性の対象として見やすくなってしまったのです。

 

男性こそ性教育を学び直すことが必要

これらの状況を踏まえて、男性こそ性教育が必要だと考えます。

偏った性教育を取り入れたまま大人になり、そして、それが全てだと思っている男性が多いからです。

 

しっかりとした教養がある男性は、性のことで人を傷つけません

 

 

僕が参加したコンドーム試触会では、人を傷つける人がいませんでした。

相手が性に対して何を思ってどんなであっても決して傷つけることもせず、会話していました。

 

今の日本にはこういう安心して性の話をできる場所を作ることがまじで大切です。

コンドーム試触会は本当に居心地が良かったです。

 

 

特に快楽のことばかりにしか注目しない人は真っ先に学ぶべき

特に性の話になったときに、快楽のことばかりにしか意識がいってない人は性教育をちゃんと学ぶべきです。

 

飲み会の会話も

  • SEXによって得られる快楽
  • SEXをしたことがある・ないで人格を決める話

など、その性の話で傷ついている人が沢山います。

 

そういう人ほど性教育を学び直すべきです。

 

SEXの経験がないだけで男女の価値は変わりません。


そもそも世の中にはアセクシャル(人を好きにならない人)がいます。


自分が見てきた・経験してきたことだけが全てだとはないのです。

実はそう思うことから人を傷つけることが始まるのかも知れません。

 

ですので、自分の性教育のレベルが低いと思ったら、しっかりと直していきましょう。

ちなみに、オススメは産婦人科医の上村茂仁先生と森林原人さんがタッグで制作している「学校では教えてくれない性教育」チャンネルです。

 

性に関する問題を発信している方々もそのために頑張ってくれてますが、僕もその時代作りに携われる一人になれれば幸いです。

記事が気に入ったらシェアよろしくおねがいします!